fbpx

ウォルマート、「おデブ用コスチューム」で批判浴びる

※本記事は、2014年10月29日に高橋が掲載したブログ記事を再掲載したものです。

 

米大手スーパーチェーンのウォルマートは10月27日、ソーシャルメディアやブログ上に「おデブ女子用コスチューム(fat girl costume)」というハロウィーン用コスプレコーナーを設けたところ、同社のソーシャルメディアが消費者からの批判を浴びて炎上した。ウォルマートは同日午後、直ちにこのコーナーを撤去し、ツイッター上で謝罪した。

 

PRデイリーによると、ツイッターやフェイスブックの多くのユーザーらは「どうしてウォルマートの管理職らはこのようなネーミングが大丈夫だと考えたのだろう」などと批判的なコメントを書き込んでいる。

いじめで苦しんだ10代女子がブログで主張

いじめに反対するブログ 「ルーザー・ガール(負け組女子)」 の10代ブロガー、アリーはさらに手厳しい。ブログによると、アリーはコネチカット州に住む15歳の女子高生で、13歳のとき、何年にもわたるいじめのせいで自殺を図ろうとし、このブログを始めたという。

「大きめのサイズの人にとっては、ハロウィーンはとっても怖いイベントなの。ゴーストが怖いわけではなく、コスチュームを探すことがね。ウォルマートがそうした人たちのことをデブ(fat)と呼んでいるとしたら、それはトリック(いたずら)でもトリート(もてなし)でもなく、侮辱だと思う。そして、その店ではもう買い物をしないという理由になるからね」

表現を変更せざるを得なかったウォルマート

ウォルマートは「おデブ女子用コスチューム」コーナーを外し、「プラスサイズ女性のハロウィーン・コスチューム」に変更して再掲載した。

PRデイリーは、このサイトの見出しは「大人・プラスサイズ・ハロウィーン」といった検索結果の中に並んで出てくることを考えると、「おデブ女子用コスチューム」という名前は、SEO(検索エンジン最適化)の努力の一環で、おそらくはメタタグ(検索エンジンにサイトの概要を伝える情報)が自動的に生成されて現れたのではないかと推測している。

また、この事件は、検索エンジンのクローラ(自動的にウェブページを収集するソフトウェア)がこのウォルマートのページを見つけたからというだけではなく、このページの見出しがフェイスブック中の広告に現れ、多くの人々の目に止まるようになったため、とくに問題が大きくなったとみられている。

もしタグの自動生成が原因だとすれば(あるいは人的原因であったとしても無論)、同社のソーシャルメディアのチェック機能の強化が求められることになる。

おすすめ記事一覧

失敗しないためのルール あなたがソーシャルメディア(SNSやブログ)をマーケティングに活用しようとするなら、失…

先日、顔認証技術を使って、一定以上の笑顔であれば出勤とみなす出退勤システムを札幌市の会社が開発したというニュー…

入院でダウンした東京電力の清水社長  企業による謝罪の失敗例は、近年も枚挙にいとまがないほどある。2011年の…

「#Me Too運動」が高まりを見せているいま、企業としての準備は? 2018年4月、財務事務次官が女性記者へ…

新しくパワフルなコンテンツの制作・配信は、これからのビジネスの成功に不可欠です。こうした考え方を「コンテンツマ…

パブリック・リレーションの観点から見た謝罪の役割の違い  これまで日米の謝罪文化の違いの背景には、文化的・歴史…

プレスリリースに「新たな」「新しい」を安易に使っていないか メディアは一般的に「新しい」「新たな」という言葉が…

高まる企業の危機管理の重要性 昨年も、日本大学、財務省、文部科学省、東京医科大学、スルガ銀行、日本ボクシング連…

危機管理とメディア対応は密接不可分 企業に法律が関係する危機が発生したとき、普通は弁護士の意見を聞くと思います…

プレスリリースがつまらないといわれたことがありませんか? きょうは、読まれるための魅力が薄れてきているあなたの…

米国カリフォルニア州でいまだに燃え盛っている大規模な山火事では、犠牲者の数が74人に上るなど、同州の山火事とし…

日本では、企業によるソーシャルメディア(SNS)の活用が、一部企業を除いて遅々として進んでいないようです。しか…