fbpx

ベッキーの不倫報道のクライシスマネジメントから学ぶ

人気タレントのベッキーさんが2016年1月、交際相手だった「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音さんとの不倫を『週刊文春』にスクープされ、その姿がテレビから消えました。

 

記者会見での対応は、守備を固めようという姿勢がありありで、釈明の言葉も棒読みで、彼女の感情を感じ取れることができませんでした。いつもの溌剌としたイメージは影も形もありませんでした。

謝罪会見では感情表現がカギ

不祥事の記者会見では、感情表現が非常に重要です。さらに拙かったのは、不倫相手を「ただの友達」であると釈明したことでした。

 

これが個人的見解であるとしても、マスコミ側からみて「隠蔽」と受け取られれば、さらなる取材と報道による追及を受けることになります。

なぜ起立したまま語ったのか

謝罪の記者会見なのに、立ったまま語ったのも失策でした。身に着けていた服装が白い色だったのも、さらに化粧が厚かったことも、マイナスに響きました。照明のセッティングもよくありませんでした。11回もお辞儀をしていましたが、これもまずい対応です。

 

活動休止から104日ぶりに復帰しましたが、マスメディアからだけではなく、視聴者からも好意を持たれなくなってしまいました。

円楽さん、小泉今日子さんとの違いは?

それと比べて、やはり不倫を報じられた三遊亭円楽さん、かつて不倫を報じられた石田純一さん、2018年2月に不倫を告白した小泉今日子さん。この3人は、ほとんど炎上もせず、仕事を失うこともありませんでした。この違いから教訓を得るべきでしょう。(浦山明俊)

おすすめ記事一覧

※本記事は、2014年10月29日に高橋が掲載したブログ記事を再掲載したものです。   米大手スーパ…

涙を拭い逆効果となった旭化成の謝罪会見  企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化成は住宅施工データを…

日本では、企業によるソーシャルメディア(SNS)の活用が、一部企業を除いて遅々として進んでいないようです。しか…

I’m sorryと言わないアメリカ人 アメリカ人は謝ることを好まないという見方がある。アメリカ人…

            新聞協会発表の新聞発行部数(ガベージニュース) ◆         ◆        …

成功するシティセールスのコツとは PR・マーケティングの講演のため、先月、秋田県湯沢市まで一泊で行ってきました…

文章のライティングは必須スキル 広報・マーケティングにとって、文章のライティングは必須スキルの一つです。もちろ…

社員がブランドの広告塔になる ブランド・アンバサダーとは、個人として企業やブランドの広告塔となり、人々に影響を…

ジョン・ウェインは米国人にとって強い男性の象徴 アメリカ人にとって、西部劇映画の名優ジョン・ウェインは、長年に…

かつての紙の時代の記事の見出しづくりは、熟練を積んだ職人的なスキルが必要でした。なぜなら、限られた文字数(スペ…

入院でダウンした東京電力の清水社長  企業による謝罪の失敗例は、近年も枚挙にいとまがないほどある。2011年の…

 フェイスブックなどSNSのプロフィール写真には、どんな写真を使うべきでしょうか? 写真を見てその人の印象を形…