fbpx

ベッキーの不倫報道のクライシスマネジメントから学ぶ

人気タレントのベッキーさんが2016年1月、交際相手だった「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音さんとの不倫を『週刊文春』にスクープされ、その姿がテレビから消えました。

 

記者会見での対応は、守備を固めようという姿勢がありありで、釈明の言葉も棒読みで、彼女の感情を感じ取れることができませんでした。いつもの溌剌としたイメージは影も形もありませんでした。

謝罪会見では感情表現がカギ

不祥事の記者会見では、感情表現が非常に重要です。さらに拙かったのは、不倫相手を「ただの友達」であると釈明したことでした。

 

これが個人的見解であるとしても、マスコミ側からみて「隠蔽」と受け取られれば、さらなる取材と報道による追及を受けることになります。

なぜ起立したまま語ったのか

謝罪の記者会見なのに、立ったまま語ったのも失策でした。身に着けていた服装が白い色だったのも、さらに化粧が厚かったことも、マイナスに響きました。照明のセッティングもよくありませんでした。11回もお辞儀をしていましたが、これもまずい対応です。

 

活動休止から104日ぶりに復帰しましたが、マスメディアからだけではなく、視聴者からも好意を持たれなくなってしまいました。

円楽さん、小泉今日子さんとの違いは?

それと比べて、やはり不倫を報じられた三遊亭円楽さん、かつて不倫を報じられた石田純一さん、2018年2月に不倫を告白した小泉今日子さん。この3人は、ほとんど炎上もせず、仕事を失うこともありませんでした。この違いから教訓を得るべきでしょう。(浦山明俊)

おすすめ記事一覧

ベッキーの不倫会見は行き過ぎた謝罪の儀式 社会心理学の我妻洋氏らは「日本人にとっての謝罪とは、主には集団の序列…

財務省や石破前地方創生相や新聞の社説は社会保障費が足りなくなるから増税が必要と主張している。安倍総理の英断で2…

日本は自己批判と謙遜の文化といわれるが  アメリカと日本との間の謝罪文化の違いは、両国の歴史的・文化…

謝らない米国人を謝らせるための法律「アポロジー法」  不祥事から受ける損失を容易に計測できるとき、迅速な謝罪は…

PR修士号に匹敵する米国ドラマもある 今日は広報・PR・危機管理の担当者が見ると役に立つ米国の映画・ドラマを紹…

自分自身の考え方を広く、直接伝えるスピーチ/プレゼンテーションは、コミュニケーションの基本です。人前で話をする…

6.自社にネガティブなことを話してしまう   記者に聞かれてもいないのに、自分の会社のネガティブな情…

涙を拭い逆効果となった旭化成の謝罪会見  企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化成は住宅施工データを…

いったいどこから手をつければいいのか 国連の持続可能な開発目標(SDGs)が2015年に始まって以来、世界19…

世界が求めているものは「ストーリー」 いまや人々が求めているものは「ストーリー」です。マーケティングにもPRに…

ギリシャ修辞学に始まる西洋コミュニケーション文化 儒教などの東洋文化に強い影響を受けた日本とは対照的に、西洋世…

会見に一度も姿を見せなかった米潜水艦の艦長  2001年2月10日、ハワイのオアフ島沖で、アメリカ海軍の潜水艦…