fbpx

文章力アップのための文豪たちのアドバイス

仕事で時々、文章を書くことがありますか?もし文章力を向上させたいのであれば、以下の偉大な文豪たちのアドバイスを時々実践するだけで、効果がありますよ。

【アーネスト・ヘミングウェイ】

「真実の一文から書き始めなさい」
「感情を説明してはいけない。つくり出すことだ」
「簡潔に書く」

【マーク・トウェイン】


「形容詞を見つけたら、ほとんどを削りなさい。残ったものが貴重なのだ」
「『老婦人が叫んだ』と書いてはいけない。老婦人をそこに連れてきて、そして叫ばせるのだ」
「説明すればするほど、理解されなくなる」

【エルモア・レナード】


「前置きしないこと」
「場所や物事を詳しく説明してはいけない」
「書いているように聞こえる文章であれば、書き直すこと」

【F・スコット・フィッツジェラルド】


「感嘆符をすべて取り払うこと。自分の冗談を自分で笑うようなものだ」
「鍵となる感情を見つけるように」

(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

「切腹」をもっとも気高い行為と捉える武士道  中国の儒教(とくに陽明学)を学び、日本で発展させたものが武士道で…

インターネットなどのメディアを通じて情報(コンテンツ)を提供し、自社の周囲にファンをつくっていく考え方を「コン…

涙を拭い逆効果となった旭化成の謝罪会見  企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化成は住宅施工データを…

文章のライティングは必須スキル 広報・マーケティングにとって、文章のライティングは必須スキルの一つです。もちろ…

広告費なしでメディアを通じた宣伝ができると企業に長年の間、愛されてきたプレスリリースだが、いまや年々、その存在…

社員がブランドの広告塔になる ブランド・アンバサダーとは、個人として企業やブランドの広告塔となり、人々に影響を…

ベッキーの不倫会見は行き過ぎた謝罪の儀式 社会心理学の我妻洋氏らは「日本人にとっての謝罪とは、主には集団の序列…

日本は自己批判と謙遜の文化といわれるが  アメリカと日本との間の謝罪文化の違いは、両国の歴史的・文化…

謝罪行動に対する裁判制度の影響  これまでは日米の謝罪文化の違いをめぐる文化的・伝統的原因を述べてきた。日本で…

手軽に低コストに消費者に浸透することができるSNSを使ったマーケティングは、中小企業やスタートアップ企業にとっ…

自由があるのが自民党、自由がないのが民主党 小泉進次郎さんは、若手ですが、あらゆる年代の政治家の中でトップクラ…

企業の広報担当者は、ある意味、お客様であるマスコミの記者に対して、あからさまに不満、不平をいうことはありません…