文章力アップのための文豪たちのアドバイス

仕事で時々、文章を書くことがありますか?もし文章力を向上させたいのであれば、以下の偉大な文豪たちのアドバイスを時々実践するだけで、効果がありますよ。

【アーネスト・ヘミングウェイ】

「真実の一文から書き始めなさい」
「感情を説明してはいけない。つくり出すことだ」
「簡潔に書く」

【マーク・トウェイン】


「形容詞を見つけたら、ほとんどを削りなさい。残ったものが貴重なのだ」
「『老婦人が叫んだ』と書いてはいけない。老婦人をそこに連れてきて、そして叫ばせるのだ」
「説明すればするほど、理解されなくなる」

【エルモア・レナード】


「前置きしないこと」
「場所や物事を詳しく説明してはいけない」
「書いているように聞こえる文章であれば、書き直すこと」

【F・スコット・フィッツジェラルド】


「感嘆符をすべて取り払うこと。自分の冗談を自分で笑うようなものだ」
「鍵となる感情を見つけるように」

(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

今やSNSはフェイクニュースの嵐 コミュニケーション技術が日進月歩で進化する状況にあって、SNSは今…

私が持っている大きな夢の一つは、日本の学校教育に「スピーキング」の授業を全面導入し、日本人のコミュニ…

社員がブランドの広告塔になる ブランド・アンバサダーとは、個人として企業やブランドの広告塔となり、人…

コンテンツマーケティングは主要な潮流 記事や動画といったコンテンツを制作・発信することで潜在顧客の中…

警官のカップに「PIG(豚)」と打ち込んでしまった 2019年11月28日(感謝祭の日)、米国オクラ…

「#Me Too運動」が高まりを見せているいま、企業としての準備は? 2018年4月、財務事務次官が…

新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、世界的な大不況が近づいているとマスコミが騒がしくなっていま…

プレスリリースがつまらないといわれたことがありませんか? きょうは、読まれるための魅力が薄れてきてい…

これからの企業は、広報・ブランド戦略のため、自社に関連した情報を対外向けに発信しイメージアップさせる…

6.自社にネガティブなことを話してしまう   記者に聞かれてもいないのに、自分の会社のネガ…

近年、米国の消費者は企業に対し、社会的責任(CSR)を重視することに加え、社会的・政治的な問題につい…

2017年10月に行われた衆院選は、小池百合子劇場でした。都知事の職にありながら、国政の政党である希…