文章力アップのための文豪たちのアドバイス

仕事で時々、文章を書くことがありますか?もし文章力を向上させたいのであれば、以下の偉大な文豪たちのアドバイスを時々実践するだけで、効果がありますよ。

【アーネスト・ヘミングウェイ】

「真実の一文から書き始めなさい」
「感情を説明してはいけない。つくり出すことだ」
「簡潔に書く」

【マーク・トウェイン】


「形容詞を見つけたら、ほとんどを削りなさい。残ったものが貴重なのだ」
「『老婦人が叫んだ』と書いてはいけない。老婦人をそこに連れてきて、そして叫ばせるのだ」
「説明すればするほど、理解されなくなる」

【エルモア・レナード】


「前置きしないこと」
「場所や物事を詳しく説明してはいけない」
「書いているように聞こえる文章であれば、書き直すこと」

【F・スコット・フィッツジェラルド】


「感嘆符をすべて取り払うこと。自分の冗談を自分で笑うようなものだ」
「鍵となる感情を見つけるように」

(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

プレスリリースはなぜつまらないのか プレスリリースはなぜ退屈で面白くないのでしょう?プレスリリースを…

プロジェクトの承認を得るため、あるいは契約を取りつけるため、プレゼンを成功させなければならないという…

  *        *        * 企業がソーシャルメデイァ上で炎上し、窮地に追い込まれる事…

日米企業の謝罪方法の違い 謝罪は、だれかの行動がほかのだれかに損害を与えたときに行われる。また、人々…

自分自身の考え方を広く、直接伝えるスピーチ/プレゼンテーションは、コミュニケーションの基本です。人前…

日本の謝罪会見に関心を持つ中国メディア  このシリーズ記事をブログ連載中に、香港フェニックステレビの…

会議などでその場でなにかを発言しなければならない、そんな状況が苦手な人がいるものです。私も若い頃はそ…

高まる企業の危機管理の重要性 昨年も、日本大学、財務省、文部科学省、東京医科大学、スルガ銀行、日本ボ…

メモを取るのが面倒と感じる若者たち 最近の若い人は、業務の指示や説明をしても、滅多にメモを取ろうとし…

欧米では人気のパブリックリレーションズ専攻 欧米の大学では、多くの学生がパブリックリレーションズ(P…

かつての紙の時代の記事の見出しづくりは、熟練を積んだ職人的なスキルが必要でした。なぜなら、限られた文…

運営会社やコンサルタントもいろいろある ソーシャルメディアの運営を外部の専門会社に委託する企業が増え…