CSR活動をどうやって広報すればよいのか

CSR活動を広報するメリット

企業の社会的責任(CSR)活動への取り組みが増えるにつれて、自社のCSR活動を世の中に広報して多くの人に知ってもらいたいという欲求が高まってきます。企業によるCSR活動は、自社のブランドに確実にベネフィットをもたらします。口コミのポジティブな評判だけでなく、信頼性やロイヤリティが得られ、収益性にも寄与する可能性があります。企業が危機に遭遇したときは、CSR活動に取り組んでいることによるよい評判の蓄積が、ネガティブな報道やコメントを緩和してくれる役割を担ってくれます。また、優秀な人材が獲得できる可能性が高まります。

宣伝臭いとせっかくのCSRも失敗する

しかし、あまり宣伝臭が強くなると、せっかくのCSR活動も嘘っぽく見えてしまいます。単なる宣伝のためだけにCSR活動を行うのであれば、CSR活動は失敗する可能性があるでしょう。かといって、それがだれにも知られなくてもよいというわけにもいきません。それでは、どうしたらよいでしょうか?正しい伝達の方法が重要です。

顧客にはニュース記事(パブリシティ)で伝える

それでは、CSR活動を広報する際の正しい方法とは何でしょう?CSRの成果を伝えるメッセージは、到達しようとしている各オーディエンスに合わせて調整する必要があります。たとえば、顧客に対しては、ニュース記事にしてCSR活動を伝えることがベストな伝え方です。広告は役に立ちますが、パブリシティ(PR)で獲得した記事は、より客観的で信頼されやすいでしょう。

投資家には財務影響を語り、NGOには継続的対話を提供

投資家に対しては、CSR活動がどのように財務パフォーマンスと競争上の優位性につながるかを明確なストーリーをもって語る必要があります。そして、NGOや環境活動家、企業行動を監視する機関などに対しては、CSR活動を利用して、継続的なコミュニケーション(対話)を行うことが重要です。(高橋 眞人)

おすすめ記事一覧

米国では最近、「テキサストリビューン」紙の元編集長や「ワイアド」誌の編集者など、多くの著名ジャーナリ…

世界中の感染症専門機関の中で、米国の疾病予防管理センター(CDC)がもっとも信頼できるといわれている…

近年、日本のビジネス界でも「PR(パブリックリレーション)」という言葉とその意味が徐々に浸透してきた…

文章のライティングは必須スキル 広報・マーケティングにとって、文章のライティングは必須スキルの一つで…

遠隔授業に関して世界でももっとも進んでいる米国では、大学生や専門学校に関しては、これまでも非常に多く…

広報担当からオンラインニュースルーム運営へ オンラインニュースルームとは、企業のウェブサイトや特設サ…

いま米国で、「ディープフェイク」という技術が大議論を呼んでいる。これは「ディープラーニング」と「フェ…

1.費用対効果が高い SNS(ソーシャルメディア)はそのほかの広告と比べて格段に費用対効果が高いので…

いったいどこから手をつければいいのか 国連の持続可能な開発目標(SDGs)が2015年に始まって以来…

ハンカチを取り出し涙を何度も拭った社長 企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化学工業は住宅…

情報漏洩はなぜ起こるのか 多くの企業にとって、情報漏洩は大きなクライシスにつながる可能性があります。…

新型コロナウイルス後の世界はどのようになるでしょうか。新型コロナウイルスはすべての人々の生活を揺さぶ…