fbpx

SNSマーケティングで守るべき12のルール(下)

ソーシャルメディア活用のルール

あなたがソーシャルメディア(SNSやブログ)をマーケティングに活用するとき、失敗しないために必要なルールがあります。以下を参考にしてください。

7.怒りや挑発の投稿に関わらない

ヘイトなどの怒りの投稿や人を挑発する投稿と戦うことは、無駄です。それだけでなく、あなたのブランドや評判を傷つけることにもつながります。エネルギーと創造性の浪費です。

8.すべてのSNSに取り組まない

すべてのソーシャルメディアプラットフォームが、あなたの事業に向いているわけではありません。あまり多くのツールに手を広げてしまうと、それをシステム的に維持することに注意が向い、本当に重要な行動に対する関心が薄まってしまうでしょう。本当に重要なアカウントに、あなたの時間と努力を振り向けてください。

9.投稿前に校正する

誤字脱字や文法上の間違いを含む投稿を公開してしまうと、読者をがっかりさせ、あなたのブランドが低下してしまいます。投稿を公開する前にあなたが書いた文章を確認し、間違いを直してください。それでも間違う可能性がありますので、公開後にもう一度、コンテンツを確認してください。

10.読者のリアクションを無視しない

あなたのフォロワーのコメント、質問、メッセージを無視すれば、読者をファンにする機会を逃すだけでなく、敵意さえ作り出し、そしてあなたのブランドにダメージを与えることになります。読者からのフィードバックに関心を持ち、なるべく短時間のうちに反応すべきです。

11.AIを使ってSNSを運用しない

AI(人工知能)などを使ってマーケティングを自動化することは、たしかに人間の労力を節約しますが、それが本来の個人対個人のコミュニケーションの代わりになることは決してありません。あなたの読者は、あなたのブランドと個人的な関係を築くことを求めています。そして、それはあなたが彼らと本当に関わっている場合にのみ可能になるのです。

12.競合を気にし過ぎない

あなたの競合相手の活動を見ることはビジネス上必要ですが、他社の真似や競争に大きな力を注ぐより、あなたのブランドの独自の強みと実力を伸ばし、それを見せるようにしてください。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

誠意のある「謝罪文」は日本独自の文化  日本では長い間、ルールを破った者は、公の刑に服す代わりに謝罪文を書き、…

広報活動のKPIはどうあるべきか 広報担当者にとって悩ましいのが、広報活動の効果測定です。ビジネスの成果を数値…

中国人は謝らない  中国人は滅多に謝らない。そうすると、必然的に喧嘩や言い争いが多くなる。街でも相手に指差しし…

手軽に低コストに消費者に浸透することができるSNSを使ったマーケティングは、中小企業やスタートアップ企業にとっ…

涙を拭い逆効果となった旭化成の謝罪会見  企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化成は住宅施工データを…

パブリック・リレーションの観点から見た謝罪の役割の違い  これまで日米の謝罪文化の違いの背景には、文化的・歴史…

「決して謝るな」を実践したマーサ・スチュワート  米南オレゴン大学のエドウィン・バティステラ教授(言語学) は…

デジタルマーケティングにおいて、今後は「コンテンツマーケティング」が成功のカギだと言われています。しかし、この…

昨今は、企業の広報活動のためにツイッターなどのSNSを活用すべきだと盛んにいわれるようになりました。ただ単に時…

ギリシャ修辞学に始まる西洋コミュニケーション文化 儒教などの東洋文化に強い影響を受けた日本とは対照的に、西洋世…

動画の主張に賛否両論が噴出して炎上 男性らしさの放棄を求める 米国の多国籍日用品メーカー、プロクター&ギャンブ…

  *        *        * 企業がソーシャルメデイァ上で炎上し、窮地に追い込まれる事例が増えて…