fbpx

SNSマーケティングで守るべき12のルール(下)

ソーシャルメディア活用のルール

あなたがソーシャルメディア(SNSやブログ)をマーケティングに活用するとき、失敗しないために必要なルールがあります。以下を参考にしてください。

7.怒りや挑発の投稿に関わらない

ヘイトなどの怒りの投稿や人を挑発する投稿と戦うことは、無駄です。それだけでなく、あなたのブランドや評判を傷つけることにもつながります。エネルギーと創造性の浪費です。

8.すべてのSNSに取り組まない

すべてのソーシャルメディアプラットフォームが、あなたの事業に向いているわけではありません。あまり多くのツールに手を広げてしまうと、それをシステム的に維持することに注意が向い、本当に重要な行動に対する関心が薄まってしまうでしょう。本当に重要なアカウントに、あなたの時間と努力を振り向けてください。

9.投稿前に校正する

誤字脱字や文法上の間違いを含む投稿を公開してしまうと、読者をがっかりさせ、あなたのブランドが低下してしまいます。投稿を公開する前にあなたが書いた文章を確認し、間違いを直してください。それでも間違う可能性がありますので、公開後にもう一度、コンテンツを確認してください。

10.読者のリアクションを無視しない

あなたのフォロワーのコメント、質問、メッセージを無視すれば、読者をファンにする機会を逃すだけでなく、敵意さえ作り出し、そしてあなたのブランドにダメージを与えることになります。読者からのフィードバックに関心を持ち、なるべく短時間のうちに反応すべきです。

11.AIを使ってSNSを運用しない

AI(人工知能)などを使ってマーケティングを自動化することは、たしかに人間の労力を節約しますが、それが本来の個人対個人のコミュニケーションの代わりになることは決してありません。あなたの読者は、あなたのブランドと個人的な関係を築くことを求めています。そして、それはあなたが彼らと本当に関わっている場合にのみ可能になるのです。

12.競合を気にし過ぎない

あなたの競合相手の活動を見ることはビジネス上必要ですが、他社の真似や競争に大きな力を注ぐより、あなたのブランドの独自の強みと実力を伸ばし、それを見せるようにしてください。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

「切腹」をもっとも気高い行為と捉える武士道  中国の儒教(とくに陽明学)を学び、日本で発展させたものが武士道で…

日本では、企業によるソーシャルメディア(SNS)の活用が、一部企業を除いて遅々として進んでいないようです。しか…

※本記事は、2014年10月19日に高橋がブログに掲載した記事を再掲載したものです。 自らの看護師2人をエボラ…

入院でダウンした東京電力の清水社長  企業による謝罪の失敗例は、近年も枚挙にいとまがないほどある。2011年の…

米国カリフォルニア州でいまだに燃え盛っている大規模な山火事では、犠牲者の数が74人に上るなど、同州の山火事とし…

ソーシャルメディアの普及と膨大な情報へのアクセスの向上のお陰で、多くのビジネスが革命的に変化を遂げていますが、…

高まる企業の危機管理の重要性 昨年も、日本大学、財務省、文部科学省、東京医科大学、スルガ銀行、日本ボクシング連…

来るべきパンデミックにどう備えるか 新型コロナウイルスがあっという間に世界に拡散し、間もなく感染者は8万人、死…

中国人は謝らない  中国人は滅多に謝らない。そうすると、必然的に喧嘩や言い争いが多くなる。街でも相手に指差しし…

ジョン・ウェインは米国人にとって強い男性の象徴 アメリカ人にとって、西部劇映画の名優ジョン・ウェインは、長年に…

3億人以上のホテル宿泊客情報が流出 ウェスティンやメリディアンなどのホテルチェーンを所有する世界最大のホテルチ…

広報活動のKPIはどうあるべきか 広報担当者にとって悩ましいのが、広報活動の効果測定です。ビジネスの成果を数値…