fbpx

謝るのが美徳の日本人、謝らないのが美徳のアメリカ人(2)

I’m sorryと言わないアメリカ人

アメリカ人は謝ることを好まないという見方がある。アメリカ人は滅多に「アイム・ソーリー」と言わない。スーパーのレジ係は釣銭の間違いを指摘されたときでも謝らず、何事もなかったかのような顔をしている。日本人が「済みません」とか「申し訳ありません」と言う状況でも、アメリカ人は謝罪の言葉をほとんど口にしない。  

直接的かつ低姿勢で謝罪する日本人

少なくとも、一般的に日本人がアメリカ人よりも頻繁に、はっきりとした形で謝ることは間違いない。日本人はアメリカ人よりも直接的かつ低姿勢で謝罪することを好むともいえる。

自己評価の違いが謝罪行動の違いを生む

謝罪行動をめぐる両国の違いは、両国民にとっての自己評価の必要性の違いから来ていると考えられる。アメリカ人は自己の強化を志向し、自分自身を肯定的に捉えようとする一方、「悪かった(アイム・ソーリー)」と言うことは自身の全面的な責任を認めることだと考えている。その結果、謝罪を通じて個人のミスを認めることを避けようとする。 これに対して、日本人は一般的に自身を不完全な人間だと考え、 自己批判的な態度を取りがちである。日本人の謝罪は自己批判的な性質を反映している。

謝ることが交渉をスムーズにすると考える日本人

そのうえ、日本では、損害補償の交渉で双方が互いに相手に謝ることが交渉をスムーズに運ぶと考えられている。謝罪は紛争を解決するための重要な要素となっているのだ。したがって、日本人はアメリカ人より直接的かつはっきりと謝罪することを好む。さらに広報的要請といった複合的な要因が影響を与えてきていることも、続稿で指摘していきたい。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

括弧の使い方で悩んだことはありませんか? 括弧を適切に使うのが、上手な文章を書くコツであるということができます…

成功するシティセールスのコツとは PR・マーケティングの講演のため、先月、秋田県湯沢市まで一泊で行ってきました…

CSR活動を広報するメリット 企業の社会的責任(CSR)活動への取り組みが増えるにつれて、自社のCSR活動を世…

政治ニュースに頻繁に出てくる顔 アメリカのニュースやドラマなどを見ていると、ホワイトハウスの報道官という職責の…

自動車事故に当事者として遇ったとき、冷静に対処できる人と、パニクって頭が真っ白になる人の2種類いる。経験と知識…

インターネットなどのメディアを通じて情報(コンテンツ)を提供し、自社の周囲にファンをつくっていく考え方を「コン…

謝らない米国人を謝らせるための法律「アポロジー法」  不祥事から受ける損失を容易に計測できるとき、迅速な謝罪は…

※本記事は、2014年10月29日に高橋が掲載したブログ記事を再掲載したものです。   米大手スーパ…

2017年10月に行われた衆院選は、小池百合子劇場でした。都知事の職にありながら、国政の政党である希望の党を立…

アメリカ人なら知らない人はいない大人気ドラマ 米ABCの政治ドラマ「スキャンダル」のほとんどのシリーズを踏破し…

日本企業におけるプレゼンは、なぜつまらないのだと思いますか? 自分の企画(商品)の詳細説明ばかりで、聞き手が聞…

今やSNSはフェイクニュースの嵐 コミュニケーション技術が日進月歩で進化する状況にあって、SNSは今や正しい情…