fbpx

謝るのが美徳の日本人、謝らないのが美徳のアメリカ人(2)

I’m sorryと言わないアメリカ人

アメリカ人は謝ることを好まないという見方がある。アメリカ人は滅多に「アイム・ソーリー」と言わない。スーパーのレジ係は釣銭の間違いを指摘されたときでも謝らず、何事もなかったかのような顔をしている。日本人が「済みません」とか「申し訳ありません」と言う状況でも、アメリカ人は謝罪の言葉をほとんど口にしない。  

直接的かつ低姿勢で謝罪する日本人

少なくとも、一般的に日本人がアメリカ人よりも頻繁に、はっきりとした形で謝ることは間違いない。日本人はアメリカ人よりも直接的かつ低姿勢で謝罪することを好むともいえる。

自己評価の違いが謝罪行動の違いを生む

謝罪行動をめぐる両国の違いは、両国民にとっての自己評価の必要性の違いから来ていると考えられる。アメリカ人は自己の強化を志向し、自分自身を肯定的に捉えようとする一方、「悪かった(アイム・ソーリー)」と言うことは自身の全面的な責任を認めることだと考えている。その結果、謝罪を通じて個人のミスを認めることを避けようとする。 これに対して、日本人は一般的に自身を不完全な人間だと考え、 自己批判的な態度を取りがちである。日本人の謝罪は自己批判的な性質を反映している。

謝ることが交渉をスムーズにすると考える日本人

そのうえ、日本では、損害補償の交渉で双方が互いに相手に謝ることが交渉をスムーズに運ぶと考えられている。謝罪は紛争を解決するための重要な要素となっているのだ。したがって、日本人はアメリカ人より直接的かつはっきりと謝罪することを好む。さらに広報的要請といった複合的な要因が影響を与えてきていることも、続稿で指摘していきたい。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

2018年9月17日、異色の天才経営者イーロン・マスク氏の宇宙旅行会社「スペースX」が売り出した月旅行の民間人…

東京五輪招致プレゼンチームを指導して勝利に導いた世界的プレゼンコーチ、マーティン・ニューマン氏との共催セミナー…

アメリカ人なら知らない人はいない大人気ドラマ 米ABCの政治ドラマ「スキャンダル」のほとんどのシリーズを踏破し…

手紙やSNS、広告でお詫びしたがるアメリカ企業 顧客の情報を流出させてしまった米国のノースウェスト準州電力公社…

PR修士号に匹敵する米国ドラマもある 今日は広報・PR・危機管理の担当者が見ると役に立つ米国の映画・ドラマを紹…

早稲田大学卒のマスコミ人や言論人が非常に多いことはかねてより有名ではありますが、広報、パブリックリレーションに…

企業がその評判や事業の継続、そして収益に影響する恐れのある危機に直面すると、日頃の業務とはまったく異なる膨大な…

「切腹」をもっとも気高い行為と捉える武士道  中国の儒教(とくに陽明学)を学び、日本で発展させたものが武士道で…

SEOは自分でもかなりのところまでできる SEOとはSearch Engine Optimizationの略、…

企業の広報担当者は、ある意味、お客様であるマスコミの記者に対して、あからさまに不満、不平をいうことはありません…

日本の英語教育はなぜ話せるようにならないのか 昨今、英語学習に関する議論が高まっている。なぜ日本人は英語をいく…

バイトテロを完全に防ぐのはむずかしい 近年、「バイトテロ」という事象が大流行りです。時給千円程度のアルバイトは…