fbpx

謝るのが美徳の日本人、謝らないのが美徳のアメリカ人(2)

I’m sorryと言わないアメリカ人

アメリカ人は謝ることを好まないという見方がある。アメリカ人は滅多に「アイム・ソーリー」と言わない。スーパーのレジ係は釣銭の間違いを指摘されたときでも謝らず、何事もなかったかのような顔をしている。日本人が「済みません」とか「申し訳ありません」と言う状況でも、アメリカ人は謝罪の言葉をほとんど口にしない。  

直接的かつ低姿勢で謝罪する日本人

少なくとも、一般的に日本人がアメリカ人よりも頻繁に、はっきりとした形で謝ることは間違いない。日本人はアメリカ人よりも直接的かつ低姿勢で謝罪することを好むともいえる。

自己評価の違いが謝罪行動の違いを生む

謝罪行動をめぐる両国の違いは、両国民にとっての自己評価の必要性の違いから来ていると考えられる。アメリカ人は自己の強化を志向し、自分自身を肯定的に捉えようとする一方、「悪かった(アイム・ソーリー)」と言うことは自身の全面的な責任を認めることだと考えている。その結果、謝罪を通じて個人のミスを認めることを避けようとする。 これに対して、日本人は一般的に自身を不完全な人間だと考え、 自己批判的な態度を取りがちである。日本人の謝罪は自己批判的な性質を反映している。

謝ることが交渉をスムーズにすると考える日本人

そのうえ、日本では、損害補償の交渉で双方が互いに相手に謝ることが交渉をスムーズに運ぶと考えられている。謝罪は紛争を解決するための重要な要素となっているのだ。したがって、日本人はアメリカ人より直接的かつはっきりと謝罪することを好む。さらに広報的要請といった複合的な要因が影響を与えてきていることも、続稿で指摘していきたい。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

不祥事ではないのに謝罪したSMAP                                ・ 自分に責…

日米の謝罪をめぐる文化ギャップ 企業による謝罪の件数はここ数十年の間に激増している。これは日本だけに限らず、世…

私用メール問題で謝罪を拒否し続けたヒラリー・クリントン  オバマ政権で国務長官を務めた元弁護士のヒラリー・クリ…

論点のすり替えに見事に成功 反社会的勢力から飲み会参加のギャラをもらっていながら、「もらっていない」と嘘をつい…

CSR活動を広報するメリット 企業の社会的責任(CSR)活動への取り組みが増えるにつれて、自社のCSR活動を世…

ソーシャルメディアの普及と膨大な情報へのアクセスの向上のお陰で、多くのビジネスが革命的に変化を遂げていますが、…

信頼を失いつつある伝統的メディア 米国では、新聞、テレビ、雑誌といった伝統的メディアが、かつてのような消費者か…

メディアにとって、痛い広報担当者のタイプがいくつかあります。きょうはそれをご紹介します。あなたは、どれかに当て…

日本の小中学校の英語の授業では、だれかが良い発音で英語をしゃべると、クラスメートたちからからかわれるか、ひどい…

遠隔授業に関して世界でももっとも進んでいる米国では、大学生や専門学校に関しては、これまでも非常に多くの学生がオ…

ギリシャ修辞学に始まる西洋コミュニケーション文化 儒教などの東洋文化に強い影響を受けた日本とは対照的に、西洋世…

企業の広報担当者は、ある意味、お客様であるマスコミの記者に対して、あからさまに不満、不平をいうことはありません…