fbpx

誤るのが美徳の日本人、謝らないのが美徳のアメリカ人(9)

ギリシャ修辞学に始まる西洋コミュニケーション文化

儒教などの東洋文化に強い影響を受けた日本とは対照的に、西洋世界のコミュニケーション文化は古代ギリシャのレトリック(修辞学)に源流がある。 彼らが使う「アポロジー(apology)」(謝罪)という英語は、ギリシャの「アポロジア(apologia)」という言葉に由来する。

ソクラテスは「弁明」の中で「謝罪」しなかった

アメリカの哲学者であるケリー・ロス氏は、有名なプラトンの著書『ソクラテスの弁明』について、以下のように興味深いことを指摘している。

プラトン
ソクラテス

 プラトンによる『ソクラテスの弁明』の中で、ソクラテスは謝罪もしていなければ、言い訳すらしていない。ソクラテスは自分が悪いとは思っていなかったのだ。ギリシャ語の「アポロジア」は、単純に「弁護」とか「弁護のスピーチ」という意味しか表わさない。この意味は、関連するいくつかの英語にも受け継がれている。たとえば、「アポロジスト(apologist)」はだれか(何か)のことを弁護する人を指し、「アポロジェティックス(apologetics)」は何かを擁護するための弁論法、とくにその理論、根拠、慣行を指す。

アメリカ人の謝罪は「おや、悪気はなかったんだ」

アメリカ人が日々の生活の中で人に謝るときによく言う台詞は、「おや、申し訳ない。悪気はなかったんです(Oh, I’m sorry. I didn’t mean it)」であるが、日本人の場合は「本当に申し訳ありません。お詫びします」である。西洋のレトリック(修辞学)は、そもそも人を説得する術である。修辞学は、いまではその言い方はいささか古くさくなったが、これはこれで大変有用な考え方であり、その後の世界に巨大な影響を与えてきた。西洋のコミュニケーションが古代ギリシャのレトリックから来ていることを知れば、東洋と西洋の違いも理解しやすい。

「I’m sorry」は「申し訳ない」より「残念だ」の意味

ヒラリー・クリントン氏

 南オレゴン大学のエドウィン・バティステラ教授(言語学)は、自著『Sorry about That: The Language of Public Apology』の中で、ヒラリー・クリントン女史が1994年に国民健康保険改革の導入失敗について謝罪したことについて、以下のように分析している。

   ヒラリー・クリントン氏はジャーナリストにこう答えた。「健康保険制度導入に向けた私たちの努力が、その文脈から離れてひどく誤解され、現政権に対する攻撃に使われていることについては、大変残念(sorry)です。私には責任があり、そのことについて大変残念に思っています。

 果たしてクリントン氏は謝ったのであろうか。彼女は何度も後悔の言葉を口にはしたが、彼女の後悔は健康保険制度改革を誤解 した人々についての後悔なのである。「残念(Sorry)」という言葉は、何らかの状況に対する後悔(regret)を意味するものであり、他者を傷つけたことに対する後悔ではない。彼女の「sorry」は、「あなたの本をなくしてしまって申し訳ない」ではなく、それよりむしろ「あなたからの電話を取り損なってしまって残念だ」という意味合いでの「sorry」なのである。(高橋眞人)



おすすめ記事一覧

自分自身の考え方を広く、直接伝えるスピーチ/プレゼンテーションは、コミュニケーションの基本です。人前で話をする…

※本記事は、2014年10月29日に高橋が掲載したブログ記事を再掲載したものです。   米大手スーパ…

政治家の失言や問題発言が後を絶ちません。失言しなければすべてよいというわけでもないですが、政治家は言葉の職業で…

広報担当からオンラインニュースルーム運営へ オンラインニュースルームとは、企業のウェブサイトや特設サイト、SN…

先日、顔認証技術を使って、一定以上の笑顔であれば出勤とみなす出退勤システムを札幌市の会社が開発したというニュー…

3億人以上のホテル宿泊客情報が流出 ウェスティンやメリディアンなどのホテルチェーンを所有する世界最大のホテルチ…

インターネットなどのメディアを通じて情報(コンテンツ)を提供し、自社の周囲にファンをつくっていく考え方を「コン…

4人のうちの3人が上がり症 成人の75%が人前で話すときの上がり症だという調査結果があります。メディアからのイ…

仕事で時々、文章を書くことがありますか?もし文章力を向上させたいのであれば、以下の偉大な文豪たちのアドバイスを…

皆さんは仕事中に雑談をしますか?職場の状況によってもさまざまで、周囲の目が気になってできないという人もいるでし…

1.費用対効果が高い SNS(ソーシャルメディア)はそのほかの広告と比べて格段に費用対効果が高いので、あなたの…

クチコミによる推奨が顧客を増やすことにつながります。クチコミを活用して、自社や自社の商品を目立たせ、ネット上に…