fbpx

謝るのが美徳の日本人、謝らないのが美徳のアメリカ人(11)

「決して謝るな」を実践したマーサ・スチュワート

 米南オレゴン大学のエドウィン・バティステラ教授(言語学) は「ウェイン・コード」と呼ばれるアメリカ人特有の行動ルールについて、以下のように説明している。

                                ・

アメリカ人特有の行動規範は「ジョン・ウェイン・コード」

                                  ・

映画『黄色いリボン』(1949年)の中で、ジョン・ウェインが演じたネイサン・ブリトルズ大尉の軍人としてのモットーは「決して謝るな」であった。ロス・ペネル少尉がオリビアと滝の近くにピクニックに行こうと計画を立てたことを謝ったとき、ブリトルズ大尉はペネル少尉にこう言った。「決して謝ってはいけませんよ。それは弱さの表れなんですから」。昔から繰り返し、謝罪はある種の男性的性質と結び付けられてきた。しかし、ブリトルズのモットーは、自分のしたことに対して後悔や共感したり、自身に責任があることを淡々と承認したりするよりむしろ、拒否をする。このジョン・ウェインのコード(作法)は、戦後アメリカの重要な岐路に面した大統領たち—キューバ危機に直面したケネディや辞任を余儀なくされたニクソン、イランアメリカ大使館人質事件に見舞われたカーター、イラン・コントラ事件のレーガン、アメリカのために決して謝りはしないと言ったジョージ・ブッシュ—にも適用された。


(エドウィン・バティステラ「Sorry About That: The Language of Public Apology」

                              ・

「決して謝るな」は女性にも適用される

「決して謝るな」は男性だけのためのフレーズではなく、女性にも適用される。『女子のための権力と成功へのガイド』を著した女性起業家、スーザン・ソロヴィック氏も、謝罪することに否定的だ。ソロヴィック氏は「それが儀礼であったとしても、常に『申し訳なかった』と言っていれば、自分自身を低く評価していることになる」と主張している。

逮捕されても謝罪しなかったマーサ・スチュワート

   「決して謝るな」という信念を典型的に実践した女性がいる。2004年にインサイダー取引で有罪となった、実業家であり「カリスマ主婦」として長年人気を保ってきたマーサ・スチュワート女史である。ビジネス倫理を専門とするセント・トーマス大学のダリル・クーン教授 は、次のように書いている。

                       ・

マーサ・スチュワートは、インサイダー取引に自身が関わったことや違法行為を一貫して否認した。彼女は自分自身が起訴されたことで自身の人生と同様、従業員や顧客やステークホルダーらの生活も台なしになったことについて後悔を表明したものの、有罪判決が下されて刑務所行きを余儀なくされた自らの違法行為については、彼らに決して謝らなかった。


ダリル・クーン「Why Saying “I’m Sorry” Isn’t Good Enough: The Ethics of Corporate
Apologies」

                       ・

「カリスマ主婦」として長年人気を誇ったマーサ・スチュワート

                    ・

  マーサ・スチュワートは、自身の誤りと責任を決して認めることはなかった。彼女が口にした「後悔している」(regret) という言葉は、その意味があいまいである。マーサ・スチュワートのこの一連の騒動は、今でもアメリカのCEOによるワースト謝罪のランキングに入るほどである。 (高橋眞人)

おすすめ記事一覧

ギリシャ修辞学に始まる西洋コミュニケーション文化 儒教などの東洋文化に強い影響を受けた日本とは対照的に、西洋世…

来るべきパンデミックにどう備えるか 新型コロナウイルスがあっという間に世界に拡散し、間もなく感染者は8万人、死…

 フェイスブックなどSNSのプロフィール写真には、どんな写真を使うべきでしょうか? 写真を見てその人の印象を形…

企業がその評判や事業の継続、そして収益に影響する恐れのある危機に直面すると、日頃の業務とはまったく異なる膨大な…

中国人は謝らない  中国人は滅多に謝らない。そうすると、必然的に喧嘩や言い争いが多くなる。街でも相手に指差しし…

日米の謝罪をめぐる文化ギャップ 企業による謝罪の件数はここ数十年の間に激増している。これは日本だけに限らず、世…

プロジェクトの承認を得るため、あるいは契約を取りつけるため、プレゼンを成功させなければならないというケースが顕…

日本は自己批判と謙遜の文化といわれるが  アメリカと日本との間の謝罪文化の違いは、両国の歴史的・文化…

危機管理のバイブル書『ブラックスワン』 元ウォール街のトレーダーで作家、いまでは危機と不確実性の権威となったナ…

新型コロナウイルス対策のため、学校は休校になり、塾や家庭教師もほとんどが休みとなっている。これは世界的な状況だ…

日本の謝罪会見に関心を持つ中国メディア  このシリーズ記事をブログ連載中に、香港フェニックステレビの李淼(リ・…

エチオピア墜落事故の責任を認めたボーイング  2019年3月10日、エチオピアのアデイスアベバからケニアのナイ…