fbpx

謝るのが美徳の日本人、謝らないのが美徳のアメリカ人(12)

不祥事ではないのに謝罪したSMAP

                               ・

自分に責任がなくても謝る日本人、責任の一部があっても他者を責めるアメリカ人

 日本人は、たとえば自分に責任がなくだれかほかの人に責任がある場合であっても謝ることがある。こうした日本人の振る舞いはアメリカ人などにはまったく信じられないようなことだ。先述の我妻洋ら は以下のように書いている。

                               ・

 アメリカ人は少なくとも責任の一部が自分にあると分かっているときでも他者を責めるが、日本人の多くはほかのだれかが悪いときでも自分が謝ったほうが良いと考えているようだ。日本人特有の文化における謝罪は、個人が損害を与えてしまった他者との関係をスムーズに運んだり回復したりしようとする表れなのである。


(我妻洋ほか「The Implications of Apology: Law and Culture in Japan and the United States」)

「ファンに不安を抱かせた」と謝罪したSMAP

 我妻らが述べるように、日本人は謝罪と自己卑下を通じて他者との調和を図ろうとする。

 2016年1月18日、人気男性アイドルグループSMAPの5人のメンバーがテレビ番組で頭を下げて視者に謝罪した。報道にしたがってことの顛末をごく簡単に説明すると、こうなる。SMAPの育ての親と言われ、5人のメンバーに母親のような絶大な影響力を持っていると言われる女性マネージャーが、所属する「ジャニーズ事務所」の幹部から退職するようにプレッシャーをかけられたため、メンバー4人とともに事務所を辞めようと図った。もう一人のメンバーである木村拓哉だけは事務所に残留することを決めた。長年、国民的アイドルグループだったSMAPが解散するかもしれないということで、熱烈なファンだけでなく、日本じゅうが騒然となった。 SMAPのメンバー5人は、テレビ番組の中で頭を下げて謝罪した。解散するから謝罪したのではない。この時点ではグループを維持していく予定だった。ファンに不安を抱かせたことに対して謝罪したのである。何か不祥事を起こしたとか、ファンに対する約束を破ったということではない。

米国に事務所の移籍で謝るタレントはいない

 このようなタレントによる謝罪はアメリカでは決して起こらない。なぜなら、グループを続けるか解散するかは、純粋にタレントたち本人とタレント事務所のビジネス判断によるものと考えられているからである。であるから、米国では人気バンドが解散したり人気歌手が一つの事務所から別の事務所に移籍することは、ごく普通に起こるし、そんなことでいちいちテレビで謝ったりはしない。

個人より組織の責任を重く見る日本

 もう一点、アメリカ人が個人の責任を責める状況において、日本人は組織を責める傾向にあることが研究で明らかにされている。この現象については、日本人がアメリカ人と比べてより集団としての行動を重んじるという伝統的考え方によって説明できる。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

I’m sorryと言わないアメリカ人 アメリカ人は謝ることを好まないという見方がある。アメリカ人…

プロジェクトの承認を得るため、あるいは契約を取りつけるため、プレゼンを成功させなければならないというケースが顕…

メディアにとって、痛い広報担当者のタイプがいくつかあります。きょうはそれをご紹介します。あなたは、どれかに当て…

自分自身の考え方を広く、直接伝えるスピーチ/プレゼンテーションは、コミュニケーションの基本です。人前で話をする…

日米の謝罪をめぐる文化ギャップ 企業による謝罪の件数はここ数十年の間に激増している。これは日本だけに限らず、世…

日本は自己批判と謙遜の文化といわれるが  アメリカと日本との間の謝罪文化の違いは、両国の歴史的・文化…

 フェイスブックなどSNSのプロフィール写真には、どんな写真を使うべきでしょうか? 写真を見てその人の印象を形…

  *        *        * 企業がソーシャルメデイァ上で炎上し、窮地に追い込まれる事例が増えて…

企業の広報担当者は、ある意味、お客様であるマスコミの記者に対して、あからさまに不満、不平をいうことはありません…

謝らない米国人を謝らせるための法律「アポロジー法」  不祥事から受ける損失を容易に計測できるとき、迅速な謝罪は…

欧米では人気のパブリックリレーションズ専攻 欧米の大学では、多くの学生がパブリックリレーションズ(PR=広報学…

自動車事故に当事者として遇ったとき、冷静に対処できる人と、パニクって頭が真っ白になる人の2種類いる。経験と知識…