fbpx

SNSのプロフィール写真にどんな画像を使うべきか

 フェイスブックなどSNSのプロフィール写真には、どんな写真を使うべきでしょうか?

写真を見てその人の印象を形成する

 SNSを使う習慣のある人は、毎日、何十人ものプロフィール写真を見ていることでしょう。人は、プロフィール写真を見ることによって、その人の印象を形成します。人はプロフィール写真を見た瞬間に、その人物に好意を持つか、信頼できそうか、関心を持てそうかを決めています。

 米プリンストン大学の心理学教授らが千人を対象に調査したところ、ほとんどの人は、だれかのプロフィール写真を見て0.1秒以内にその人についての最初の印象を形成していたということです。

 反対に、名前を見ただけでは、その人の印象を形づくることはできません。職業や趣味が書かれていれば、ある程度の推量ができますが、写真が持つ情報量には到底かないません。人間の脳は、ほかの人の顔を見ることによって、その人を判断する仕組みを遺伝的に受け継いでいます。

 米国の研究によれば、テキストによるプロフィール情報は、初めての人の印象の10%だけにしか影響を与えていなかったそうです。

顔写真は個人ブランディングのキーコンテンツ

 その意味で、プロフィール写真というのは、あなた個人のブランディングのキーコンテンツだといえるでしょう。そして、それはオンライン上のネットワーキングにとどまらず、仕事を得る機会や、最終的には長期のキャリア形成にも影響を与えると指摘されています。

半数近くは自分の顔写真を使っていない

 顔写真を使うこと。これは写真からあなたを印象づけるために、最低限の条件です。SNS発祥の地である米国をはじめとする欧米人は、ほとんどの人が自分の顔写真を出しています。ツイッターなどは匿名性を認めていますが、実名主義のフェイスブックでは、自身が写った写真を使うことを推奨しています。マーク・ザッカーバーグが最初にフェイスブックをつくったときは、自分の顔写真の使用を義務付けていたようです。

 それでも、日本では自分の顔出しを避けて、ペットや風景やキャラクターの写真を貼っている人が結構多いですね。ある調査によると、日本人の半数近くは自分の写真を使っていないようです。私の見たところ、中国人も日本人と似た傾向かもしれません。

情報量がないと個人ブランディングにならない

 私は皆さんに無理強いしたり、とやかく言ったりする立場にありませんので、一般論として申し上げます。自分の顔を出さないということは、個人のブランディングにとっては、与える情報量が少なすぎるでしょう。また、写真を出しても、全体と比べて顔が小さすぎれば、あるいは子供時代の写真であったりすれば、情報量が少なすぎ、あなたの印象を形成することがむずかしいでしょう。

 あなたの顔を見せるのが目的だとするなら、背景は単色などシンプルにするのがよいと一般的に言われていますが、 あなたの専門領域に関連する写真にすれば、あなたのビジネスのカテゴリーを際立たせるために非常に有効なツールとなります。

 また、あなたの趣味が登山であれば、岩山を背景にするという演出もよいでしょう。趣味をしている自分の写真を出している人は、「最高に人生が充実している人」だと心理専門家も分析しています。

笑顔の写真と満足度は相関している

 プロフィール写真が笑顔であることは、あなたが友人たちと、あるいは社会と良い関係があることを印象づけます。米国の研究者が大学生を対象に調査したところ、学生たちの大学の初学期のフェイスブックのプロフィール写真の笑顔である度合いが高かった人ほど、卒業から3年後の人生に対する満足度(自己申告)も高かったそうです。

フィルターをかけたり露出オーバーにしない

 インスタグラマーなどの間では、フィルタが流行しているかもしれませんが、個人のブランディングのためのプロフィール写真には適していません。露出や彩度、コントラストをかけ過ぎたり、暗すぎる写真も適していません。

自分を出すか出さないかは自己肯定感と関係している

 心理専門家の分析では、自分の写真をオープンにするかどうかは、自己肯定感と大いに関係があるようです。米国人のほうが日本人より自己肯定感が総じて高い。つまり、現状に満足している人が多いということです。一方、日本人は、現在の自分や自分の人生に不満を持っている人が相対的に多いということだと思います。これはさまざまな意識調査、国民性調査の結果とも合致しています。

 また、米国やカナダでは、学校で毎年毎年、プロカメラマンによる生徒全員のプロフィール写真の撮影を行う習慣があり、思い切りの笑顔で写真に映ることが、子供の頃から「ほぼ義務」として習慣づいています。

自分を出さない日本の伝統的文化に原因も 

 日本では、北米とは異なり、個人として目立つことを避ける、自分の色を出さず集団の中に溶け込むことを重視する、知らない人との接触を避ける、といった伝統的な国民性があります。この辺りも、「顔出しNG」と大いに関係していそうです。実名と本人の顔写真、実社会でのプロフィールの登録が義務づけられているフェイスブックの普及が日本で遅れた原因について、「匿名やハンドルネームが好きで個人情報の漏洩に対する不安や、何かとコンプレックスのあるシャイな日本人にとって不向きだった」との指摘もあります。

 そう言えば、私の母親も、「波風を立てず、目立たず、平穏に、サラリーマンをして生きていくのがいいのよ」と時々、言っていました。それなのに、私はなんでこんなふうになってしまったのか (笑)。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

日本は自己批判と謙遜の文化といわれるが  アメリカと日本との間の謝罪文化の違いは、両国の歴史的・文化…

6.自社にネガティブなことを話してしまう   記者に聞かれてもいないのに、自分の会社のネガティブな情…

世界が求めているものは「ストーリー」 いまや人々が求めているものは「ストーリー」です。マーケティングにもPRに…

仕事で時々、文章を書くことがありますか?もし文章力を向上させたいのであれば、以下の偉大な文豪たちのアドバイスを…

「決して謝るな」を実践したマーサ・スチュワート  米南オレゴン大学のエドウィン・バティステラ教授(言語学) は…

クッキーに「予期しない固形成分」でリコール 米国の菓子メーカー・ナビスコのチューイー・チップスアホイ(チョコチ…

※本記事は、2014年11月5日に高橋が掲載したブログ記事を再掲載したものです。 米国赤十字がスーパーストーム…

遠隔授業に関して世界でももっとも進んでいる米国では、大学生や専門学校に関しては、これまでも非常に多くの学生がオ…

涙を拭い逆効果となった旭化成の謝罪会見  企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化成は住宅施工データを…

クチコミによる推奨が顧客を増やすことにつながります。クチコミを活用して、自社や自社の商品を目立たせ、ネット上に…

誠意のある「謝罪文」は日本独自の文化  日本では長い間、ルールを破った者は、公の刑に服す代わりに謝罪文を書き、…

政治ニュースに頻繁に出てくる顔 アメリカのニュースやドラマなどを見ていると、ホワイトハウスの報道官という職責の…