職場の世代間ギャップをどう乗り越えるか(2)

職場に幅広い年代層が混在しているとき、多様な世代に対応する企業文化を確立していくことが重要です。具体的にどのように世代間ギャップを埋めていけばよいのか、そのヒントを説明していきます。

1.ステレオタイプに当てはめない

世代間ギャップによるコミュニケーション問題の中でいちばん困るのは、異なる世代に対するステレオタイプのレッテル貼りです。「職場のおじさんたち(団塊の世代やX世代)は邪魔だ」「おじさんたちは偉そうなのに仕事をしない」「おじさんたちはエクセルができないから困る」とか、「若い人たち(ミレニアル世代)は楽しよう、楽しようと考えている」「仕事もろくに知らないのに生意気だ」「最近の新卒(Z世代)は電話をとるのも避けている」「お客様の接遇の仕方も知らない」などなど。

こうしたステレオタイプの意見、職場で時々聞くことはありませんか?しかし、管理職も普通の社員も、相手をステレオタイプにはめて批判したり対応したりするのは避けなければなりません。人々は、年齢によるステレオタイプにはまるより、はるかに複雑な存在です。先入観を持たずに、だれもが大切なチームメンバーとして扱う必要があります。だれもが、実はユニークな経験とスキルを持っています。もし、相手をより深く掘り下げれば、驚くようなユニークな経験を持っているかもしれません。

2. 各世代のモチベーションを理解する

さまざまな従業員が会社からどのように評価され、報われたいかを理解することは、従業員から最高の仕事を引き出すために非常に重要です。

給与や福利厚生や職場の居心地の良さはだれにとっても重要です。しかし、世代が異なると、重点の置き方が少しずつ違ってくる傾向があります。

たとえば、定年退職や早期退職、契約打ち切りに直面している団塊の世代は、給与の維持が重要と考える傾向があります。ミレニアル世代の要望は、より幅広く多様です。住宅ローンの支払い、教育・育児費、家族旅行代の捻出、休暇の追加、行動や仕事のやり方の自由、干渉されないことなどです。

それでも、前述したように、だれもがそれぞれ異なっています。そのため、調査を実施して、各従業員が職場や報酬にどのような願望を抱いているかを直接質問することをお勧めします。これによって、個々の従業員の満足度・定着率を高めることができるでしょう。

人々は一律に評価されたり報酬を与えられたりすることを望んでいないことを知る必要があります。そのため、調査で得られた本人の嗜好に基づいて遇することです。各従業員を少しずつ異なって扱う意図の透明性と、一貫性を守ることを忘れないようにしてください。[続く](高橋眞人)

おすすめ記事一覧

先日、顔認証技術を使って、一定以上の笑顔であれば出勤とみなす出退勤システムを札幌市の会社が開発したと…

米フォーブス誌が2021年2月5日、少し面白い記事を掲載したので、ご紹介します。「アメリカでもっとも…

社員がブランドの広告塔になる ブランド・アンバサダーとは、個人として企業やブランドの広告塔となり、人…

運営会社やコンサルタントもいろいろある ソーシャルメディアの運営を外部の専門会社に委託する企業が増え…

昨今は、企業の広報活動のためにツイッターなどのSNSを活用すべきだと盛んにいわれるようになりました。…

グーグルのGメールが提供するスマートコンポーズ機能とは、文を途中まで書きかけるとその後に続くと予想さ…

人気タレントのベッキーさんが2016年1月、交際相手だった「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音さ…

失敗しないためのルール あなたがソーシャルメディア(SNSやブログ)をマーケティングに活用しようとす…

ソーシャルメディアの普及と膨大な情報へのアクセスの向上のお陰で、多くのビジネスが革命的に変化を遂げて…

ハンカチを取り出し涙を何度も拭った社長 企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化学工業は住宅…

企業の広報担当者は、ある意味、お客様であるマスコミの記者に対して、あからさまに不満、不平をいうことは…

近年、米国の消費者は企業に対し、社会的責任(CSR)を重視することに加え、社会的・政治的な問題につい…