コンサルタント紹介 印刷

 

山口 明雄

  • 会長兼エグゼクティブコンサルタント
  • 山口 明雄
    AKIO YAMAGUCHI

東京外国語大学を卒業後、NHKに入局。ディレクターとして番組制作にあたる。1985年以来30年以上にわたって広報コンサルティングに従事。1995年から3年間は、世界大手PR会社ヒル・アンド・ノウルトン日本支社長。

このとき、いち早く米国流メディアトレーニングを習得するとともに、危機管理広報コンサルティングサービスの開発に取り組み、同社の事業の柱の一つに育てあげた。1999年からは6年間、株式会社オズマピーアール取締役副社長として、外資系顧客などを担当した。

これまでに4,500人あまりの企業・団体・自治体の経営者と管理職、広報担当者、政府高官、政財界の方々を対象にメディアトレーニング、プレゼンテーショントレーニング、スピーチトレーニング、セミナーなどを提供してきた。現在も、多くの企業や団体に危機管理広報コンサルティングやメディアトレーニングを提供している。

著書に『知識ゼロからの謝り方入門』(宣伝会議)『マスコミ対応はもう怖くない!メディアトレーニングのすべて』(パレード)『メディアトレーニングのプロが教える 誤解されない話し方、炎上しない答え方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)『危機管理&メディア対応 新・ハンドブック』(宣伝会議)『図解 プロが教える誤解されない話し方、炎上しない答え方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

得意領域は、危機管理広報コンサルティング、メディアトレーニング(英語での提供を含む)、YouTube等の動画制作、スピーチ等のライティング。

趣味は、落語鑑賞、映画鑑賞、読書、水泳。

高橋 眞人

  • 代表取締役社長 兼 チーフコンサルタント
  • 高橋 眞人
    MASATO TAKAHASHI

日米2つの高校を卒業。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、読売新聞社に入社。浦和支局で事件や政治・行政の取材を担当した後、科学部およびIT取材班記者として環境省、気象庁、地震・建築、ITなどを担当。12年間勤務の後、外資系及び日本のPR会社のパブリックアフェアーズ&ヘルスケア担当ディレクター、メディアトレーニング・危機管理責任者などを歴任。米国ホフストラ大学修士(スピーチ・組織コミュニケーション&危機管理)。

もともと話し下手だったが、コミュニケーション業務・研究に携わるうちにプレゼンコーチやメディアトレーナーの資質があることに気づき、自身もスピーチ・プレゼンの猛特訓をした。日本の学校にスピーキング教育を全面導入するのが夢。

自民党、旧民主党の選挙コミュニケーションに携わり、大勝利に貢献したほか、2008年の北海道洞爺湖G8サミットに際しては外務省のメディアアドバイザーに就任、同サミットの国際広報に貢献して兒玉和夫外務報道官から感謝状を拝領。

このほか、数多くの国内外の企業、官公庁、政治家などに対し、メディアトレーニング、謝罪会見トレーニング、危機管理広報コンサルティング、世論形成を企図した情報発信のコンサルティング、報道分析などを提供してきて、これまでにトレーニング、コンサルティングを提供した顧客は延べ3,000人を超える。

著書に『宣伝費ゼロ時代の新しいPR術』(河出書房新社)、訳書に『クチコミで動かす!(Full Frontal PR)』(Richard Laermer著)など。

趣味は歌(カラオケ)、バント演奏(ドラム)、西洋占星術。Facebook: matt.takahashi.90  Twitter: @etimberwolf

 小本 恭

  • 副社長 兼 コンサルタント
  • 小本 恭
    TADASHI KOMOTO

慶応大学法学部政治学科卒。大塚製薬、毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)の就職情報誌編集部を経て、日刊工業新聞社で約12年間、記者、支局長、編集委員として産業経済・地方経済、社会問題の取材執筆を担当。その後はPR業に転じ、大手PR会社の広報・IR室長を務めたほか、大手通信会社や米系IT調査会社などの広報アドバイザー、大手コールセンター会社の広報・宣伝グループ長を務めた。

現在は広報コンサルタントとして、数多くのメディアトレーニング講師・記者役のほか、農林水産省、国土交通省、外資系生鮮食品会社、大手製薬会社、大手乳業メーカー、政府系金融機関、大手コンサルティング会社などの広報コンサルティング、報道モニタリング・分析業務を主に手掛けている。

 

著書に『小さな会社のでっかい挑戦』(日刊工業新聞社刊)など。

得意領域は、報道調査および論調分析、コーポレートPR。

得意な業種は、情報通信・IT、自動車、機械、電力。

 

趣味は、大瓶ビールが飲める居酒屋探訪、音楽鑑賞(ブリティッシュ&アメリカンロック、レゲエ)、映画鑑賞、ゴルフ。

浦山 明俊

  • コンサルタント
  • 浦山 明俊
    AKITOSHI URAYAMA

朝日新聞東京本社の『週刊朝日』『科学朝日』『メディカル朝日』『朝日パソコン』編集部等で記者、編集者を務めた後、ジャーナリスト業の傍ら、ジャーナリストや編集者の養成を行う。門下生たちは財界、朝日新聞出版、講談社などマスコミに多く就職し、その中から直木賞作家や国際ジャーナリストも輩出。2006年には自身も小説家としてデビュー。近年はウェブメディアにも執筆。医療系取材に精通し、医師との人脈が広く深い。心理カウンセラー資格を持ち、心理学を駆使した取材テクニックを用いる。企業に対しては「いかにすれば伝わるか」のコンサルティングが得意であるほか、服飾に造詣が深く、取材を受ける際の服装、メイク、色使いなどもアドバイスする。

著書は『スーパービジネスマンのマンガ活用術』『遊惑都市づくりのすすめ』『絵本とは違いすぎる原典アンデルセン童話』『イヌはいかにして愛を語り合うか』『こんどこそ治る関節リウマチ』『心にひびく日本語の手紙』『常識の壁』『ビジネス常識力アップ』『神社のしきたり』『神社とご利益』『東京百鬼―陰陽師・石田千尋の事件簿』 『鬼が哭く―陰陽師・石田千尋の事件簿』 『花神の都』『噺家侍』『夢魔の街 陰陽師・石田千尋の事件簿』 『かたるかたり 志ん輔出世怪噺』など多数。趣味は落語、珈琲、美食、街歩き、神社巡り、美術鑑賞、ファッション、筆記具。現代では珍しい陰陽師としても活動している。

浦山 明俊

  • コンサルタント、映像プロデューサー
  • 長谷川 豊
    YUTAKA HASEGAWA

NHKや民放のテレビ番組のディレクター、プロデューサーとして、数々の番組、とくに企業を取材する経済番組の制作(企画構成、取材、編集、中継、スタジオ)を手がける。

制作に携わった代表的な番組として、「ニュースの森」(TBS)、「スーパーモーニング」(テレビ朝日)、「NNN報道特別番組」「ニュースプラス1」(日本テレビ)、「World News BS23」「経済最前線」「スペースシャトル打上げ特番」「パレスチナ情勢SP」「アメリカ大統領選挙」(NHKーBS)、「ジャーナル8」(朝日ニュースター)などがある。そのほか、企業のCMやコーポレートビデオなども多数制作してきた。

現在は、企業や各種団体のPR戦略に関するコンサルティングも提供し、経済番組や通販番組の制作経験による「メディア側の視点」をいかしたPR戦略のコンサルティングには定評がある。著書に『図解入門 業界研究最新食品業界の動向とカラクリがよ~くわかる本』(秀和システム)があり、月刊『MiT』で「企業ブランド構築のためのPR戦略」を連載中。