ビル・ゲイツ氏「ウイルスは世紀に一度の病原体である可能性」を警告

ビル・ゲイツ氏は2020年2月28日、医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に掲載した論文の中で、「COVID-19はパンデミックであり、私たちが心配していた世紀に一度の病原体である可能性がある。それがそれほど悪くないことを願うが、そうでないことが分かるまでは、そういうことだ」と警告した。

死亡率は典型的インフルエンザより高い


ゲイツ氏は「第一に既存の健康問題を抱える高齢者に加え、健康な成人を殺すことができる。第二にCOVID-19は非常に効率的に感染する。感染者1人は平均してほかの2~3人に広げる。指数関数的な増加率だ」と述べた。
さらに、死亡率が典型的なインフルエンザより高いことを指摘。患者が受けるケアの質に応じて死亡率は0.7~4%の範囲で変動する可能性があり、推定平均死亡率は現在約1%だと述べた。


「いかなる危機においても、指導者には2つの重要な責任がある。差し迫った問題を解決し、それが二度と起こらないようにすること。COVID-19パンデミックはその好例だ。命を救う必要がある」

予算を投入してワクチンの開発を急ぐべき


ゲイツ氏は、ワクチンの大規模な治験が6月にも行われると予測。ワクチンをだれにとっても手頃な価格にすることが、ウイルスの大流行を抑えるための「正しい戦略」であると述べた。「パンデミックを防ぐには、数十億ドルが必要だ。大流行がもたらす経済的苦境を考えれば、この支出は許容できるものだ。無駄にする時間はない」と主張している。


ビル&メリンダ・ゲイツ財団は2月上旬、治療法の開発とウイルス検査の拡大を支援するために1億ドルを寄付すると発表している。

おすすめ記事一覧

財務省や石破前地方創生相や新聞の社説は社会保障費が足りなくなるから増税が必要と主張している。安倍総理…

クッキーに「予期しない固形成分」でリコール 米国の菓子メーカー・ナビスコのチューイー・チップスアホイ…

4人のうちの3人が上がり症 成人の75%が人前で話すときの上がり症だという調査結果があります。メディ…

昨今は、企業の広報活動のためにツイッターなどのSNSを活用すべきだと盛んにいわれるようになりました。…

CSR活動を広報するメリット 企業の社会的責任(CSR)活動への取り組みが増えるにつれて、自社のCS…

就職活動で何社受けても、面接が苦手なため、落ち続けてしまう人が結構いるものです。私が新卒で就職活動を…

手軽に低コストに消費者に浸透することができるSNSを使ったマーケティングは、中小企業やスタートアップ…

仕事で時々、文章を書くことがありますか?もし文章力を向上させたいのであれば、以下の偉大な文豪たちのア…

※本記事は、2014年10月28日に高橋が掲載したブログ記事の再掲載です。 タカタ製エアバッグを搭載…

コンテンツマーケティングは主要な潮流 記事や動画といったコンテンツを制作・発信することで潜在顧客の中…

皆さんは仕事中に雑談をしますか?職場の状況によってもさまざまで、周囲の目が気になってできないという人…

1.費用対効果が高い SNS(ソーシャルメディア)はそのほかの広告と比べて格段に費用対効果が高いので…