退屈なプレスリリースからの脱却

プレスリリースはなぜつまらないのか

プレスリリースはなぜ退屈で面白くないのでしょう?プレスリリースを作成して配布しているあなた自身が、実は自分のプレスリリースが退屈だと感じていませんか?

 

退屈なプレスリリースから脱出するにはどうしたらよいでしょう?今日はそのアイデアをいくつかご紹介します。

 

1.動画のリリースを試す

プレスリリースをWordで作成しなければならないといった決まりはありません。米国などでは非常に増えている形式です。動画形式にすることで、ジャーナリストやライターの注意を喚起し、記事化のモチベーションをアップします。ヒットすれば、ものすごく多くの掲載、引用が得られます。一つ、米国のビデオプレスリリースの例をご紹介します。Jurasic Quest Event

 

2. お客様を舞台裏に連れて行く

お客様にあなたの会社の表の顔だけでなく、舞台裏を見せてあげることです。たとえば、関係者しか入れないイベントの舞台裏に招待して見学してもらう、社員しか入れない製造工程を見てもらう、などの試みです。ほかの人が経験したことのないことを経験すると、人々はワクワクしてだれかに語りたくなるものです。そして、それをプレスリリースにするのです。

 

3.コンテンツマーケティングに挑戦する

自社目線ではなく、第三者目線の記事、つまりジャーナリストが書くような客観的で説得力のある記事をプレスリリースに使うことです。これは「コンテンツマーケティング」とか「ブランドジャーナリズム」呼ばれる、近年米国などで脚光を浴びている手法です。この手法を使うことで、つまらなかったプレスリリースが、圧倒的に魅力のある文章に生まれ変わります。

 

4. 社員が動画に出演する

記者やライターも人間です。彼らの注目を集めるためは、もっと生き生きしたコンテンツをつくる必要があります。そこで、社長や幹部、広報担当者や事業担当者が動画に登場し、自らのプロフィールやメッセージを語るのです。テキストベースの自社目線のプレスリリースと、どちらが魅力的に映ると思いますか?結果は明らかですよね。

プレスリリースもグレードアップが必要

近年は、プレスリリースと、顧客向け(一般向け)の文書との境目がますますなくなってきて、プレスリリースを一般人にも読まれることを想定して書く必要があるといわれています。そう考えていくと、プレスリリースがグレードアップしていかなければならないのも当然と思えます。ちなみに、株式会社コミコンでは、上記にあったようなコンテンツマーケティングや動画のアイデアをはじめ、さまざまなコンテンツ制作のコンサルティングやサポートを提供していますよ。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

職場に幅広い年代層が混在しているとき、多様な世代に対応する企業文化を確立していくことが重要です。具体…

日本マクドナルド失敗の教訓とは 日本国内でも、欧米企業の幹部が危機対応で失敗し、日本のメディアから批…

バイトテロを完全に防ぐのはむずかしい 近年、「バイトテロ」という事象が大流行りです。時給千円程度のア…

手軽に低コストに消費者に浸透することができるSNSを使ったマーケティングは、中小企業やスタートアップ…

パブリック・リレーションの観点から見た謝罪の役割の違い  これまで日米の謝罪文化の違いの背景には、文…

不祥事ではないのに謝罪したSMAP                                ・…

※本記事は、2014年10月28日に高橋が掲載したブログ記事の再掲載です。 タカタ製エアバッグを搭載…

日本の英語教育はなぜ話せるようにならないのか 昨今、英語学習に関する議論が高まっている。なぜ日本人は…

仕事で時々、文章を書くことがありますか?もし文章力を向上させたいのであれば、以下の偉大な文豪たちのア…

私が持っている大きな夢の一つは、日本の学校教育に「スピーキング」の授業を全面導入し、日本人のコミュニ…

早稲田大学卒のマスコミ人や言論人が非常に多いことはかねてより有名ではありますが、広報、パブリックリレ…

自由があるのが自民党、自由がないのが民主党 小泉進次郎さんは、若手ですが、あらゆる年代の政治家の中で…