退屈なプレスリリースからの脱却

プレスリリースはなぜつまらないのか

プレスリリースはなぜ退屈で面白くないのでしょう?プレスリリースを作成して配布しているあなた自身が、実は自分のプレスリリースが退屈だと感じていませんか?

 

退屈なプレスリリースから脱出するにはどうしたらよいでしょう?今日はそのアイデアをいくつかご紹介します。

 

1.動画のリリースを試す

プレスリリースをWordで作成しなければならないといった決まりはありません。米国などでは非常に増えている形式です。動画形式にすることで、ジャーナリストやライターの注意を喚起し、記事化のモチベーションをアップします。ヒットすれば、ものすごく多くの掲載、引用が得られます。一つ、米国のビデオプレスリリースの例をご紹介します。Jurasic Quest Event

 

2. お客様を舞台裏に連れて行く

お客様にあなたの会社の表の顔だけでなく、舞台裏を見せてあげることです。たとえば、関係者しか入れないイベントの舞台裏に招待して見学してもらう、社員しか入れない製造工程を見てもらう、などの試みです。ほかの人が経験したことのないことを経験すると、人々はワクワクしてだれかに語りたくなるものです。そして、それをプレスリリースにするのです。

 

3.コンテンツマーケティングに挑戦する

自社目線ではなく、第三者目線の記事、つまりジャーナリストが書くような客観的で説得力のある記事をプレスリリースに使うことです。これは「コンテンツマーケティング」とか「ブランドジャーナリズム」呼ばれる、近年米国などで脚光を浴びている手法です。この手法を使うことで、つまらなかったプレスリリースが、圧倒的に魅力のある文章に生まれ変わります。

 

4. 社員が動画に出演する

記者やライターも人間です。彼らの注目を集めるためは、もっと生き生きしたコンテンツをつくる必要があります。そこで、社長や幹部、広報担当者や事業担当者が動画に登場し、自らのプロフィールやメッセージを語るのです。テキストベースの自社目線のプレスリリースと、どちらが魅力的に映ると思いますか?結果は明らかですよね。

プレスリリースもグレードアップが必要

近年は、プレスリリースと、顧客向け(一般向け)の文書との境目がますますなくなってきて、プレスリリースを一般人にも読まれることを想定して書く必要があるといわれています。そう考えていくと、プレスリリースがグレードアップしていかなければならないのも当然と思えます。ちなみに、株式会社コミコンでは、上記にあったようなコンテンツマーケティングや動画のアイデアをはじめ、さまざまなコンテンツ制作のコンサルティングやサポートを提供していますよ。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

先日、顔認証技術を使って、一定以上の笑顔であれば出勤とみなす出退勤システムを札幌市の会社が開発したと…

株式会社コミコン代表の高橋眞人が、先日、香港フェニックステレビのインタビュー取材を受け、その番組が2…

皆さんは仕事中に雑談をしますか?職場の状況によってもさまざまで、周囲の目が気になってできないという人…

米フォーブス誌が2021年2月5日、少し面白い記事を掲載したので、ご紹介します。「アメリカでもっとも…

ビル・ゲイツ氏は2020年2月28日、医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に掲…

「広報・PRを念頭に置いた戦略的CSR活動」をテーマに、代表の高橋眞人が2019年3月29日(金)午…

現代では、技術革新と文化の変遷のスピードアップ、そしてマスメディアの衰退により、世代間ギャップがかつ…

これからの企業は、広報・ブランド戦略のため、自社に関連した情報を対外向けに発信しイメージアップさせる…

コンテンツマーケティングは主要な潮流 記事や動画といったコンテンツを制作・発信することで潜在顧客の中…

動画の主張に賛否両論が噴出して炎上 男性らしさの放棄を求める 米国の多国籍日用品メーカー、プロクター…

SNS運営を任せられる人っている? 先進国の企業の3分の1近くがフェイスブックやツイッター、インスタ…

「ロックダウン」とはどういう意味? 英語の「ロックダウン」とは「封鎖、封じ込め」という意味です。ロッ…