コンテンツ記事の制作発信がオンライン上でファンをつくる最良の方法である6つの理由

プレスリリースがつまらないといわれたことがありませんか? きょうは、読まれるための魅力が薄れてきているあなたの会社のプレスリリースを第三者的、ジャーナリズム的な記事制作・配信システムに変える提案をします。こうした考え方を「コンテンツマーケティング」または「ブランドジャーナリズム」と呼び、米国を中心に世界のマーケティング界の主流となりつつあります。自社でコンテンツとなる記事(や動画)を制作・発信することによりファンを増やすという考え方です。記事制作を担当するチームを仮に「コンテンツ記事制作チーム」と呼ぶことにします。ではなぜジャーナリズム的な記事配信が効果的なのでしょうか?その答えは以下のとおりです。

1.読者を増やせる

コンテンツチームが制作した記事を発信することにより、あなたの会社が発信するニュースの読者を圧倒的に増やすことができます。たとえば米国のオハイオヘルス社では、ジャーナリズム的な記事制作を開始したところ、オンラインニュースルームのアクセス数が約1万1千人から約11万人へと10倍にも増加しました。また、同社のFacebookページのリーチは約50%増加したということです。

2. ニュースがなくても配信できる

「ニュース」枯れの時期でも、コンテンツマーケティングを通じて、あなたの会社が届けたいトピックとメッセージをストーリーにして、消費者に直接配信することができます。

3. 信頼性を高められる

業界ニュースをキュレーションサイトのように集めることにより、あなたの会社の信頼性を高めることにもつながります。読者は一社だけのニュースより業界全体のニュースを読みたいものです。

4. メディアの掲載を待つ必要がない

自社でニュースサイトを持てば、メディアサイトが掲載してくれるのを待つ必要はもうありません。消費者や関係者に急いでニュースを届けたいとき、この仕組みは絶大な効果を発揮します。

5. 続報を届けられる

ニュースを配信した後は、そのニュースがまだホットなうちにコメントなどのリアクションやイベントの写真などを公開したりもできます。

6. 記者の有力な情報源となる

あなたの会社が配信した記事がメディアの記者にとっての有力な情報源となるでしょう。 新聞社的、出版社的な記事を通じて、そのトピックの価値を鋭い切り方で見せることができます。 記者も人間です。無味乾燥な製品スペックの開示より、何らかのストーリーが読みたいし、刺激を受けるものです。その結果、記者たちはあなたの会社のコンテンツ記事ページを頻繁にチェックしてくれるようになるでしょう。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

企業がその評判や事業の継続、そして収益に影響する恐れのある危機に直面すると、日頃の業務とはまったく異…

 フェイスブックなどSNSのプロフィール写真には、どんな写真を使うべきでしょうか? 写真を見てその人…

自動車事故に当事者として遇ったとき、冷静に対処できる人と、パニクって頭が真っ白になる人の2種類いる。…

遠隔授業に関して世界でももっとも進んでいる米国では、大学生や専門学校に関しては、これまでも非常に多く…

日米の謝罪をめぐる文化ギャップ 企業による謝罪の件数はここ数十年の間に激増している。これは日本だけに…

新型コロナウイルスが引き続き蔓延しているため、企業は社内のさまざまな感染拡大予防策、危機管理策を講じ…

「決して謝るな」を実践したマーサ・スチュワート  米南オレゴン大学のエドウィン・バティステラ教授(言…

早稲田大学卒のマスコミ人や言論人が非常に多いことはかねてより有名ではありますが、広報、パブリックリレ…

ギリシャ修辞学に始まる西洋コミュニケーション文化 儒教などの東洋文化に強い影響を受けた日本とは対照的…

手紙やSNS、広告でお詫びしたがるアメリカ企業 顧客の情報を流出させてしまった米国のノースウェスト準…

失敗しないためのルール あなたがソーシャルメディア(SNSやブログ)をマーケティングに活用しようとす…

日本の英語教育はなぜ話せるようにならないのか 昨今、英語学習に関する議論が高まっている。なぜ日本人は…