コンテンツ記事の制作発信がオンライン上でファンをつくる最良の方法である6つの理由

プレスリリースがつまらないといわれたことがありませんか? きょうは、読まれるための魅力が薄れてきているあなたの会社のプレスリリースを第三者的、ジャーナリズム的な記事制作・配信システムに変える提案をします。こうした考え方を「コンテンツマーケティング」または「ブランドジャーナリズム」と呼び、米国を中心に世界のマーケティング界の主流となりつつあります。自社でコンテンツとなる記事(や動画)を制作・発信することによりファンを増やすという考え方です。記事制作を担当するチームを仮に「コンテンツ記事制作チーム」と呼ぶことにします。ではなぜジャーナリズム的な記事配信が効果的なのでしょうか?その答えは以下のとおりです。

1.読者を増やせる

コンテンツチームが制作した記事を発信することにより、あなたの会社が発信するニュースの読者を圧倒的に増やすことができます。たとえば米国のオハイオヘルス社では、ジャーナリズム的な記事制作を開始したところ、オンラインニュースルームのアクセス数が約1万1千人から約11万人へと10倍にも増加しました。また、同社のFacebookページのリーチは約50%増加したということです。

2. ニュースがなくても配信できる

「ニュース」枯れの時期でも、コンテンツマーケティングを通じて、あなたの会社が届けたいトピックとメッセージをストーリーにして、消費者に直接配信することができます。

3. 信頼性を高められる

業界ニュースをキュレーションサイトのように集めることにより、あなたの会社の信頼性を高めることにもつながります。読者は一社だけのニュースより業界全体のニュースを読みたいものです。

4. メディアの掲載を待つ必要がない

自社でニュースサイトを持てば、メディアサイトが掲載してくれるのを待つ必要はもうありません。消費者や関係者に急いでニュースを届けたいとき、この仕組みは絶大な効果を発揮します。

5. 続報を届けられる

ニュースを配信した後は、そのニュースがまだホットなうちにコメントなどのリアクションやイベントの写真などを公開したりもできます。

6. 記者の有力な情報源となる

あなたの会社が配信した記事がメディアの記者にとっての有力な情報源となるでしょう。 新聞社的、出版社的な記事を通じて、そのトピックの価値を鋭い切り方で見せることができます。 記者も人間です。無味乾燥な製品スペックの開示より、何らかのストーリーが読みたいし、刺激を受けるものです。その結果、記者たちはあなたの会社のコンテンツ記事ページを頻繁にチェックしてくれるようになるでしょう。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

情報漏洩はなぜ起こるのか 多くの企業にとって、情報漏洩は大きなクライシスにつながる可能性があります。…

皆さんは仕事中に雑談をしますか?職場の状況によってもさまざまで、周囲の目が気になってできないという人…

先日、顔認証技術を使って、一定以上の笑顔であれば出勤とみなす出退勤システムを札幌市の会社が開発したと…

職場に幅広い年代層が混在しているとき、多様な世代に対応する企業文化を確立していくことが重要です。具体…

世界が求めているものは「ストーリー」 いまや人々が求めているものは「ストーリー」です。マーケティング…

プレゼンテーションを行うとき、もっとも大事なことは自信を持って話すことです。そうは言っても、不安だか…

国内SNS利用者は7500万人を突破 諸々の問題を含みつつも、フェイスブック、ツイッター、LINE、…

昨今は、企業の広報活動のためにツイッターなどのSNSを活用すべきだと盛んにいわれるようになりました。…

動画の主張に賛否両論が噴出して炎上 男性らしさの放棄を求める 米国の多国籍日用品メーカー、プロクター…

文章のライティングは必須スキル 広報・マーケティングにとって、文章のライティングは必須スキルの一つで…

現代の消費者にとって、企業に正直さ、誠実さを感じるかどうかが、商品を購入するかどうかの重要な判断基準…

現代では、技術革新と文化の変遷のスピードアップ、そしてマスメディアの衰退により、世代間ギャップがかつ…