「こんまり」の片づけ術はなぜアメリカ人に受けるのか

全米ベストセラー作家で、片付けのエキスパートである近藤麻理恵さんが、米CBSの人気番組「レイト・ショー」に出演し、YouTubeは1か月で140万回を超える再生回数を記録している。

日本人よりアメリカ人が「ときめく」のはなぜか

すでにNetflixでも自分の番組を持ち大ヒットしており、メジャーな番組への出演は今回が初めてではないが、「座って、まず周囲の物に感謝してお礼を言い、一つひとつ触り、自分がときめくかどうかで捨てるかどうかを決める」という、我々日本人にとって、さほど斬新とは感じないアイデアに、なぜアメリカ人がそれほど「ときめく」のか。これは実に興味深く、研究し甲斐のあるテーマだと思う。

こんまりメソッドは日本的精神に基づている

私の考えでは、 物に感謝し、自らの心に聞くという日本的な精神を自信をもって表現しているからこそ、米国人にとって新鮮に映るのだろう。 日本人が西洋的合理主義に基づく主張をしてもこれほど大受けすることはない。

ところが、日本人にとって「こんまりメソッド」はどうかというと、一定程度の読者には響くが、アメリカほどのメガヒットはしない。おそらく、日本人にとっては太古の時代から心の中に受け継いできた考え方であるため、アメリカ人ほどの斬新さを感じないのだろう。

つまり「こんまりメソッド」は、ある意味、ものに感謝し、精神のあり方をもっとも大切にするという、古神道から続いている日本的精神そのものであるからだ。

人と自然を切り離したのが西洋思想

西洋社会の考え方は、 創造主がヒトを作り、ヒトに管理されるべく自然を作ったというキリスト教の思想が土台になっている。キリスト教が自然を人間と切り離し、客体化したところに置いてしまった。そこに近代科学が発達して、完全にモノとヒトと宇宙が切り離されたといえる。これはキリスト教と同じ仲間であるイスラム教もユダヤ教も同じ。したがって、科学も哲学も論理学も含め、西洋思想はすべてその流れの上にあるといってもよい。

世界に向けた情報発信は「こんまり」の成功に学ぶべき

実はこのことは、すべてのことについて日本から世界に発信するとき、大いに参考にすべき考え方となるのではないか。ハーバードやスタンフォードで教えられているような西洋的合理主義・科学主義に基づく知識ではなく、日本的な考え方に依拠して主張をおこなうことが、世界ではむしろ尊敬を受けるということが、しばしば起きるということだ。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

プレスリリースに「新たな」「新しい」を安易に使っていないか メディアは一般的に「新しい」「新たな」と…

長引くコロナ禍など先行き不透明感により、広告・PRの世界でも、世界的に労働需要の大幅な縮小が起きてい…

 忘年会やクリスマスパーティーのシーズンが近づいています。人々はパーティーであなたがどんなスピーチを…

日本の「霞ヶ関芸術」パワポがついに海外勢に目をつけられてしまった これは大げさな話ではありません。本…

遠隔授業に関して世界でももっとも進んでいる米国では、大学生や専門学校に関しては、これまでも非常に多く…

企業がその評判や事業の継続、そして収益に影響する恐れのある危機に直面すると、日頃の業務とはまったく異…

テレワークが普及するにつれて、企業が在宅勤務の従業員を管理するため、各従業員のPC画面を直接モニター…

新しくパワフルなコンテンツの制作・配信は、これからのビジネスの成功に不可欠です。こうした考え方を「コ…

先日、顔認証技術を使って、一定以上の笑顔であれば出勤とみなす出退勤システムを札幌市の会社が開発したと…

米フォーブス誌が2021年2月5日、少し面白い記事を掲載したので、ご紹介します。「アメリカでもっとも…

メモを取るのが面倒と感じる若者たち 最近の若い人は、業務の指示や説明をしても、滅多にメモを取ろうとし…

新型コロナウイルス後の世界はどのようになるでしょうか。新型コロナウイルスはすべての人々の生活を揺さぶ…