ベッキーの不倫報道のクライシスマネジメントから学ぶ

人気タレントのベッキーさんが2016年1月、交際相手だった「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音さんとの不倫を『週刊文春』にスクープされ、その姿がテレビから消えました。

 

記者会見での対応は、守備を固めようという姿勢がありありで、釈明の言葉も棒読みで、彼女の感情を感じ取れることができませんでした。いつもの溌剌としたイメージは影も形もありませんでした。

謝罪会見では感情表現がカギ

不祥事の記者会見では、感情表現が非常に重要です。さらに拙かったのは、不倫相手を「ただの友達」であると釈明したことでした。

 

これが個人的見解であるとしても、マスコミ側からみて「隠蔽」と受け取られれば、さらなる取材と報道による追及を受けることになります。

なぜ起立したまま語ったのか

謝罪の記者会見なのに、立ったまま語ったのも失策でした。身に着けていた服装が白い色だったのも、さらに化粧が厚かったことも、マイナスに響きました。照明のセッティングもよくありませんでした。11回もお辞儀をしていましたが、これもまずい対応です。

 

活動休止から104日ぶりに復帰しましたが、マスメディアからだけではなく、視聴者からも好意を持たれなくなってしまいました。

円楽さん、小泉今日子さんとの違いは?

それと比べて、やはり不倫を報じられた三遊亭円楽さん、かつて不倫を報じられた石田純一さん、2018年2月に不倫を告白した小泉今日子さん。この3人は、ほとんど炎上もせず、仕事を失うこともありませんでした。この違いから教訓を得るべきでしょう。(浦山明俊)

おすすめ記事一覧

政治家の失言や問題発言が後を絶ちません。失言しなければすべてよいというわけでもないですが、政治家は言…

クチコミによる推奨が顧客を増やすことにつながります。クチコミを活用して、自社や自社の商品を目立たせ、…

日米の謝罪をめぐる文化ギャップ 企業による謝罪の件数はここ数十年の間に激増している。これは日本だけに…

災害時のプレスリリースは取り敢えず出す 大地震や津波、火山噴火、大洪水といった災害が発生したとき、企…

企業がソーシャルメディア(SNS)を使うとき不可欠なのが「ソーシャルメディアガイドライン」(ポリシー…

動画の主張に賛否両論が噴出して炎上 男性らしさの放棄を求める 米国の多国籍日用品メーカー、プロクター…

プレスリリースに「新たな」「新しい」を安易に使っていないか メディアは一般的に「新しい」「新たな」と…

先日、顔認証技術を使って、一定以上の笑顔であれば出勤とみなす出退勤システムを札幌市の会社が開発したと…

  *        *        * 企業がソーシャルメデイァ上で炎上し、窮地に追い込まれる事…

テレワークが普及するにつれて、企業が在宅勤務の従業員を管理するため、各従業員のPC画面を直接モニター…

長引くコロナ禍など先行き不透明感により、広告・PRの世界でも、世界的に労働需要の大幅な縮小が起きてい…

アメリカ人なら知らない人はいない大人気ドラマ 米ABCの政治ドラマ「スキャンダル」のほとんどのシリー…