fbpx

小泉進次郎の発信力はバインド・メッセージにあり

自由があるのが自民党、自由がないのが民主党

小泉進次郎さんは、若手ですが、あらゆる年代の政治家の中でトップクラスの好感度ですね(政策や政治信念は問いません)。

小泉さんは民主党の政権下にあった2010年、「自由があるのが自由民主党、自由がないのが民主党。まさに党名が表しているなと思いますよ」と発言し、民主党政権を批判しました。

2017年の総選挙では、希望の党を旗揚げし、国政に出るのではないかと噂されていた小池百合子都知事に対して、「小池さんは出ても無責任、出なくても無責任」と印象的に批判しました。つまり、小池さんが都知事を辞職して出馬すれば、都知事を早々に辞めるのだから都民に対して無責任、
都知事に留まって、国政に出馬しないのは、立ち上げた希望の党に関して無責任だというわけです。

これらはすべて、小泉進次郎さんによる見事なバインドメッセージの発信でした。

バインド・メッセージこそが聴衆を誘導する秘密兵器

「バインド」とは、「縛る」「束縛する」「拘束する」などという意味。「バインド・メッセージ」は「相手を思考を縛るメッセージ」です。

つまりバインド・メッセージを発信することにより、マスコミや読者、視聴者を自分の思う方向に導くことができるのです。

このバインド・メッセージの発信にとても長けているのが小泉進次郎さんです。小泉さんがマスコミや視聴者を引き付けるのは「バインド・メッセージ」の発信が卓越しているからです。

バインド・メッセ―ジの発信にはセンスが必要

バインドメッセージは、はっきりモノを言うだけでは成立しませんし、短いフレーズやキャッチコピーを言うだけでも足りません。

有権者の思考を先読みできるセンスやコピーライティング力に加え、伝えるときの「間」や、仕草、服装、声の抑揚のテクニックも、聴衆との距離感や視線、理解度の確認も必要です。

バインドメッセージの発信により、演説だけでなく、取材を受ける際やプレゼンをする場合も、自分が伝えたいことを相手に効果的に印象づけることができます。

キーメッセージの発信よりもさらに高度な話し方のテクニックといえるでしょう。(浦山明俊)

おすすめ記事一覧

私用メール問題で謝罪を拒否し続けたヒラリー・クリントン  オバマ政権で国務長官を務めた元弁護士のヒラリー・クリ…

日本では、企業によるソーシャルメディア(SNS)の活用が、一部企業を除いて遅々として進んでいないようです。しか…

ベッキーの不倫会見は行き過ぎた謝罪の儀式 社会心理学の我妻洋氏らは「日本人にとっての謝罪とは、主には集団の序列…

エチオピア墜落事故の責任を認めたボーイング  2019年3月10日、エチオピアのアデイスアベバからケニアのナイ…

欧米では人気のパブリックリレーションズ専攻 欧米の大学では、多くの学生がパブリックリレーションズ(PR=広報学…

近年、米国の消費者は企業に対し、社会的責任(CSR)を重視することに加え、社会的・政治的な問題について正しい姿…

プレスリリースに「新たな」「新しい」を安易に使っていないか メディアは一般的に「新しい」「新たな」という言葉が…

謝罪行動に対する裁判制度の影響  これまでは日米の謝罪文化の違いをめぐる文化的・伝統的原因を述べてきた。日本で…

不祥事ではないのに謝罪したSMAP                                ・ 自分に責…

来るべきパンデミックにどう備えるか 新型コロナウイルスがあっという間に世界に拡散し、間もなく感染者は8万人、死…

ビル・ゲイツ氏は2020年2月28日、医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に掲載した論文…

日米企業の謝罪方法の違い 謝罪は、だれかの行動がほかのだれかに損害を与えたときに行われる。また、人々は混雑した…