小泉進次郎の発信力はバインド・メッセージにあり

自由があるのが自民党、自由がないのが民主党

小泉進次郎さんは、若手ですが、あらゆる年代の政治家の中でトップクラスの好感度ですね(政策や政治信念は問いません)。

小泉さんは民主党の政権下にあった2010年、「自由があるのが自由民主党、自由がないのが民主党。まさに党名が表しているなと思いますよ」と発言し、民主党政権を批判しました。

2017年の総選挙では、希望の党を旗揚げし、国政に出るのではないかと噂されていた小池百合子都知事に対して、「小池さんは出ても無責任、出なくても無責任」と印象的に批判しました。つまり、小池さんが都知事を辞職して出馬すれば、都知事を早々に辞めるのだから都民に対して無責任、
都知事に留まって、国政に出馬しないのは、立ち上げた希望の党に関して無責任だというわけです。

これらはすべて、小泉進次郎さんによる見事なバインドメッセージの発信でした。

バインド・メッセージこそが聴衆を誘導する秘密兵器

「バインド」とは、「縛る」「束縛する」「拘束する」などという意味。「バインド・メッセージ」は「相手を思考を縛るメッセージ」です。

つまりバインド・メッセージを発信することにより、マスコミや読者、視聴者を自分の思う方向に導くことができるのです。

このバインド・メッセージの発信にとても長けているのが小泉進次郎さんです。小泉さんがマスコミや視聴者を引き付けるのは「バインド・メッセージ」の発信が卓越しているからです。

バインド・メッセ―ジの発信にはセンスが必要

バインドメッセージは、はっきりモノを言うだけでは成立しませんし、短いフレーズやキャッチコピーを言うだけでも足りません。

有権者の思考を先読みできるセンスやコピーライティング力に加え、伝えるときの「間」や、仕草、服装、声の抑揚のテクニックも、聴衆との距離感や視線、理解度の確認も必要です。

バインドメッセージの発信により、演説だけでなく、取材を受ける際やプレゼンをする場合も、自分が伝えたいことを相手に効果的に印象づけることができます。

キーメッセージの発信よりもさらに高度な話し方のテクニックといえるでしょう。(浦山明俊)

おすすめ記事一覧

両親に子供の写真をアップする権利はあるのか 両親が子供の写真を本人の許可なしにSNSなどにアップする…

2017年10月に行われた衆院選は、小池百合子劇場でした。都知事の職にありながら、国政の政党である希…

社員がブランドの広告塔になる ブランド・アンバサダーとは、個人として企業やブランドの広告塔となり、人…

※本記事は、2014年10月29日に高橋が掲載したブログ記事を再掲載したものです。   米…

ソーシャルメディアの普及と膨大な情報へのアクセスの向上のお陰で、多くのビジネスが革命的に変化を遂げて…

※グラフは、既存メディアを信頼するアメリカ人の割合の推移(アクシオスとエデルマン)。 既存メディア半…

株式会社コミコンでは、発達障害のお子さんたちに手を差し延べる専門職である「巡回相談員」に関する日本で…

自分自身の考え方を広く、直接伝えるスピーチ/プレゼンテーションは、コミュニケーションの基本です。人前…

広報活動のKPIはどうあるべきか 広報担当者にとって悩ましいのが、広報活動の効果測定です。ビジネスの…

グーグルのGメールが提供するスマートコンポーズ機能とは、文を途中まで書きかけるとその後に続くと予想さ…

クッキーに「予期しない固形成分」でリコール 米国の菓子メーカー・ナビスコのチューイー・チップスアホイ…

CSR活動を広報するメリット 企業の社会的責任(CSR)活動への取り組みが増えるにつれて、自社のCS…