小泉進次郎の発信力はバインド・メッセージにあり

自由があるのが自民党、自由がないのが民主党

小泉進次郎さんは、若手ですが、あらゆる年代の政治家の中でトップクラスの好感度ですね(政策や政治信念は問いません)。

小泉さんは民主党の政権下にあった2010年、「自由があるのが自由民主党、自由がないのが民主党。まさに党名が表しているなと思いますよ」と発言し、民主党政権を批判しました。

2017年の総選挙では、希望の党を旗揚げし、国政に出るのではないかと噂されていた小池百合子都知事に対して、「小池さんは出ても無責任、出なくても無責任」と印象的に批判しました。つまり、小池さんが都知事を辞職して出馬すれば、都知事を早々に辞めるのだから都民に対して無責任、
都知事に留まって、国政に出馬しないのは、立ち上げた希望の党に関して無責任だというわけです。

これらはすべて、小泉進次郎さんによる見事なバインドメッセージの発信でした。

バインド・メッセージこそが聴衆を誘導する秘密兵器

「バインド」とは、「縛る」「束縛する」「拘束する」などという意味。「バインド・メッセージ」は「相手を思考を縛るメッセージ」です。

つまりバインド・メッセージを発信することにより、マスコミや読者、視聴者を自分の思う方向に導くことができるのです。

このバインド・メッセージの発信にとても長けているのが小泉進次郎さんです。小泉さんがマスコミや視聴者を引き付けるのは「バインド・メッセージ」の発信が卓越しているからです。

バインド・メッセ―ジの発信にはセンスが必要

バインドメッセージは、はっきりモノを言うだけでは成立しませんし、短いフレーズやキャッチコピーを言うだけでも足りません。

有権者の思考を先読みできるセンスやコピーライティング力に加え、伝えるときの「間」や、仕草、服装、声の抑揚のテクニックも、聴衆との距離感や視線、理解度の確認も必要です。

バインドメッセージの発信により、演説だけでなく、取材を受ける際やプレゼンをする場合も、自分が伝えたいことを相手に効果的に印象づけることができます。

キーメッセージの発信よりもさらに高度な話し方のテクニックといえるでしょう。(浦山明俊)

おすすめ記事一覧

私が持っている大きな夢の一つは、日本の学校教育に「スピーキング」の授業を全面導入し、日本人のコミュニ…

株式会社コミコン代表の高橋眞人が、先日、香港フェニックステレビのインタビュー取材を受け、その番組が2…

文章のライティングは必須スキル 広報・マーケティングにとって、文章のライティングは必須スキルの一つで…

企業の広報担当者は、ある意味、お客様であるマスコミの記者に対して、あからさまに不満、不平をいうことは…

日本の職場における「多様性」(ダイバーシティ)という場合、まずは男女共同参画と、世代(ジェネレーショ…

6.自社にネガティブなことを話してしまう   記者に聞かれてもいないのに、自分の会社のネガ…

メディアにとって、痛い広報担当者のタイプがいくつかあります。きょうはそれをご紹介します。あなたは、ど…

社員がブランドの広告塔になる ブランド・アンバサダーとは、個人として企業やブランドの広告塔となり、人…

現代では、技術革新と文化の変遷のスピードアップ、そしてマスメディアの衰退により、世代間ギャップがかつ…

「ロックダウン」とはどういう意味? 英語の「ロックダウン」とは「封鎖、封じ込め」という意味です。ロッ…

日本企業におけるプレゼンは、なぜつまらないのだと思いますか? 自分の企画(商品)の詳細説明ばかりで、…

先日、顔認証技術を使って、一定以上の笑顔であれば出勤とみなす出退勤システムを札幌市の会社が開発したと…