fbpx

SNSマーケティングで守るべき12のルール(上)

失敗しないためのルール

あなたがソーシャルメディア(SNSやブログ)をマーケティングに活用しようとするなら、失敗しないため、以下のルールを守る必要があります。

1.投稿する前に考える

SNSやブログへの投稿内容に、たとえば、宗教や政治、ジェンダーなど、議論のある問題が含まれる場合、人々があなたの会社を見る目が変わってしまう場合があります。投稿する前に、その投稿が読者との関係にどのような影響を与える可能性があるかを慎重に検討すべきです。

2.あなたの生の声を反映させる

SNSやブログの読者に、あなたの個性、人間性を感じてもらうべきです。だれが投稿しても内容が同じなら、読者はあなたの投稿を読む必要がありません。あなたらしいユニークな考えや洞察を共有し、読者を引き付けることです。

3.真実味を感じさせる

あなたのアカウントの背後に本物の、生身の人間がいることを読者に感じさせてください。そうすることによって、読者があなたの会社やブランドに親近感を抱きやすくなるでしょう。たとえば、チームメンバーを紹介したり、舞台裏で社員がどんなふうに働いているのかを見せたり、イベントで撮ったチームの写真・ビデオを投稿したりすることです。また、企業トップの個人的・人間的な側面をアピールすることも検討してみてください。それが信頼を得るための効果的な方法となります。

4.期待し過ぎない

ソーシャルメディアは、ブランドの評判を築き、ビジネスの認知度を高めるのに役立つうえ、顧客の獲得や収益の成長に貢献しますが、それだけで売上をどんどん伸ばすことがむずかしいこと、それだけに過度な期待をかけるべきではないことを、まず理解しておくべきです。

5.読者のために書く

あなたの読者に有益となるコンテンツ、しかも彼らが理解しやすいコンテンツを送り出すことに集中します。理解しづらいむずかしい表現や文章は避けるべきです。

6.パーソナルに働きかける

だれもでも当てはまる投稿では、顧客の心に響きません。あなたのターゲットを絞り、その顧客の心にパーソナルに響くコンテンツとすべきです。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

※本記事は、2014年10月19日に高橋がブログに掲載した記事を再掲載したものです。 自らの看護師2人をエボラ…

涙を拭い逆効果となった旭化成の謝罪会見  企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化成は住宅施工データを…

両親に子供の写真をアップする権利はあるのか 両親が子供の写真を本人の許可なしにSNSなどにアップするのをよく見…

ハンカチを取り出し涙を何度も拭った社長 企業による下手な謝罪は時に状況を悪化させる。旭化学工業は住宅施工データ…

プレゼンテーションを行うとき、もっとも大事なことは自信を持って話すことです。そうは言っても、不安だから自信を持…

中国人は謝らない  中国人は滅多に謝らない。そうすると、必然的に喧嘩や言い争いが多くなる。街でも相手に指差しし…

デジタルマーケティングにおいて、今後は「コンテンツマーケティング」が成功のカギだと言われています。しかし、この…

近年、米国の消費者は企業に対し、社会的責任(CSR)を重視することに加え、社会的・政治的な問題について正しい姿…

全米ベストセラー作家で、片付けのエキスパートである近藤麻理恵さんが、米CBSの人気番組「レイト・ショー」に出演…

「切腹」をもっとも気高い行為と捉える武士道  中国の儒教(とくに陽明学)を学び、日本で発展させたものが武士道で…

東京五輪招致プレゼンチームを指導して勝利に導いた世界的プレゼンコーチ、マーティン・ニューマン氏との共催セミナー…

1.費用対効果が高い SNS(ソーシャルメディア)はそのほかの広告と比べて格段に費用対効果が高いので、あなたの…