SNSマーケティングで守るべき12のルール(上)

失敗しないためのルール

あなたがソーシャルメディア(SNSやブログ)をマーケティングに活用しようとするなら、失敗しないため、以下のルールを守る必要があります。

1.投稿する前に考える

SNSやブログへの投稿内容に、たとえば、宗教や政治、ジェンダーなど、議論のある問題が含まれる場合、人々があなたの会社を見る目が変わってしまう場合があります。投稿する前に、その投稿が読者との関係にどのような影響を与える可能性があるかを慎重に検討すべきです。

2.あなたの生の声を反映させる

SNSやブログの読者に、あなたの個性、人間性を感じてもらうべきです。だれが投稿しても内容が同じなら、読者はあなたの投稿を読む必要がありません。あなたらしいユニークな考えや洞察を共有し、読者を引き付けることです。

3.真実味を感じさせる

あなたのアカウントの背後に本物の、生身の人間がいることを読者に感じさせてください。そうすることによって、読者があなたの会社やブランドに親近感を抱きやすくなるでしょう。たとえば、チームメンバーを紹介したり、舞台裏で社員がどんなふうに働いているのかを見せたり、イベントで撮ったチームの写真・ビデオを投稿したりすることです。また、企業トップの個人的・人間的な側面をアピールすることも検討してみてください。それが信頼を得るための効果的な方法となります。

4.期待し過ぎない

ソーシャルメディアは、ブランドの評判を築き、ビジネスの認知度を高めるのに役立つうえ、顧客の獲得や収益の成長に貢献しますが、それだけで売上をどんどん伸ばすことがむずかしいこと、それだけに過度な期待をかけるべきではないことを、まず理解しておくべきです。

5.読者のために書く

あなたの読者に有益となるコンテンツ、しかも彼らが理解しやすいコンテンツを送り出すことに集中します。理解しづらいむずかしい表現や文章は避けるべきです。

6.パーソナルに働きかける

だれもでも当てはまる投稿では、顧客の心に響きません。あなたのターゲットを絞り、その顧客の心にパーソナルに響くコンテンツとすべきです。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

「#Me Too運動」が高まりを見せているいま、企業としての準備は? 2018年4月、財務事務次官が…

会議などでその場でなにかを発言しなければならない、そんな状況が苦手な人がいるものです。私も若い頃はそ…

メディアにとって、痛い広報担当者のタイプがいくつかあります。きょうはそれをご紹介します。あなたは、ど…

※グラフは、既存メディアを信頼するアメリカ人の割合の推移(アクシオスとエデルマン)。 既存メディア半…

国内SNS利用者は7500万人を突破 諸々の問題を含みつつも、フェイスブック、ツイッター、LINE、…

東京五輪が約1か月後の7月23日からに迫ってきたが、相変わらず五輪開催へのネガティブな報道が続いてい…

今やSNSはフェイクニュースの嵐 コミュニケーション技術が日進月歩で進化する状況にあって、SNSは今…

米国では最近、「テキサストリビューン」紙の元編集長や「ワイアド」誌の編集者など、多くの著名ジャーナリ…

※本記事は、2014年10月19日に高橋がブログに掲載した記事を再掲載したものです。 自らの看護師2…

プレスリリースがつまらないといわれたことがありませんか? きょうは、読まれるための魅力が薄れてきてい…

私が持っている大きな夢の一つは、日本の学校教育に「スピーキング」の授業を全面導入し、日本人のコミュニ…

動画の主張に賛否両論が噴出して炎上 男性らしさの放棄を求める 米国の多国籍日用品メーカー、プロクター…