PRが技術革新に追いつくために~「PESO」モデルで考える

ソーシャルメディアの普及と膨大な情報へのアクセスの向上のお陰で、多くのビジネスが革命的に変化を遂げていますが、PRの世界は停滞気味です。こうした技術革新にPRのプロフェッショナルが追い付き、全面的に活用するためには、どうしたら良いでしょうか?

今後のPRは「PESO」モデルで考える

もっとも重要なことは、常に「PESO」を統合した考え方を採用する必要があります。「PESO」とは、ペイド(paid=有料メディア)、アーンド(earned=パブリシティによって獲得したメディア)、シェアド(shared=ソーシャルメディア)、オウンド(owned=所有しているメディア)の4つのメディア・カテゴリーの頭文字です。

4つのメディアを活用してブランドを強化する

ペイドは、オンラインを含めたあらゆる広告メディアやメールマーケティングなどです。アーンドは、パブリシティの結果として、新聞やオンラインメディアやテレビ・ラジオに取り上げてもらうことです。シェアドは、フェイスブックやツイッター、インスタグラム、ユーチューブ、ラインなどのソーシャルメディアのこと。オウンドとは、自社が持つウェブサイトやブログのことです。

これらを統合的に扱うことによって、ブランドを強化するのです。そして、PR担当者が世の中のニュースの生成と伝播のプロセスに追いつくことができるのです。

PRの役割はまだ終わっていない

PRの役割はまだまったく終わっていません。PRは空気のようなものではなく、絶対的な価値を提供することができます。PRとは、ニュースの生成と伝播です。それが自社のマーケティング、販売、顧客サービスに必ず寄与します。PRはマーケティングに参加し、セールスリードを生み出すことができます。そのような発想が必要です。この「PESO」モデルが最高の状態で機能すれば、PRの効果が極大化することになります。

PESOモデルで必要なのはコンテンツ制作チーム

ここで重要なのは、この4つのメディアを意識しながら、自社としてコンテンツを作成するリソースを持つ必要があるということです。従来のアーンドメディアである記者や編集者は、PR担当者が何かを耳打ちしただけで記事にしてくれたかもしれませんが、4つのメディアを考えれば、どうしても自社としてそれぞれに適したコンテンツを制作する必要が出てきます。つまり、コンテンツ制作チームを持つ必要があり、このチームがきわめて重要な役割を果たすことになるでしょう。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

就職活動で何社受けても、面接が苦手なため、落ち続けてしまう人が結構いるものです。私が新卒で就職活動を…

株式会社コミコン代表の高橋眞人が、先日、香港フェニックステレビのインタビュー取材を受け、その番組が2…

日本の謝罪会見に関心を持つ中国メディア  このシリーズ記事をブログ連載中に、香港フェニックステレビの…

会議などでその場でなにかを発言しなければならない、そんな状況が苦手な人がいるものです。私も若い頃はそ…

私用メール問題で謝罪を拒否し続けたヒラリー・クリントン  オバマ政権で国務長官を務めた元弁護士のヒラ…

手紙やSNS、広告でお詫びしたがるアメリカ企業 顧客の情報を流出させてしまった米国のノースウェスト準…

近年、米国の消費者は企業に対し、社会的責任(CSR)を重視することに加え、社会的・政治的な問題につい…

6.自社にネガティブなことを話してしまう   記者に聞かれてもいないのに、自分の会社のネガ…

日米企業の謝罪方法の違い 謝罪は、だれかの行動がほかのだれかに損害を与えたときに行われる。また、人々…

ジョン・ウェインは米国人にとって強い男性の象徴 アメリカ人にとって、西部劇映画の名優ジョン・ウェイン…

新しくパワフルなコンテンツの制作・配信は、これからのビジネスの成功に不可欠です。こうした考え方を「コ…

中国人は謝らない  中国人は滅多に謝らない。そうすると、必然的に喧嘩や言い争いが多くなる。街でも相手…