コロナ対策のため世界で急速に広がるオンライン家庭教師

新型コロナウイルス対策のため、学校は休校になり、塾や家庭教師もほとんどが休みとなっている。これは世界的な状況だ。子供たちの多くは長期休暇の気分になり、ゲームの時間も増えてしまう。そんな中、海外でも日本でも、できるだけ学習の習慣をつけさせようと、オンライン家庭教師の需要が急増しているようだ。

学習の習慣をつくれるし質問もしやすい

オンライン家庭教師とは、パソコンやタブレットを用い、ビデオ会議アプリ「Zoom」や「Google Meet」「Skype」などを通して、家庭教師が生徒を教えるもの。家庭教師は通常のものと同様、大学生や大学院生が多いようだ。開始時刻が決まっているため、学習の習慣がつけられる。学校や塾だと恥ずかしくて先生に質問しづらい子供でも、気楽に質問もできる。

費用も比較的安め、地方にいても質のよい家庭教師を選べる

感染の心配はもちろんないうえ、塾の送り迎えや行き帰りの心配もいらない。家庭教師をお迎えするときのお茶出しや交通費なども不要。そのうえ、地方に住んでいても、オンラインだから全国から(海外のサービスを利用すれば世界から)先生を選ぶことができる。料金の相場もリアルな場合に比べると格段に安くなる。サービスを開始したての企業が多いため、無料キャンペーンなどもよくあるようだ。オンラインの特性を生かして、タブレット用学習教材を取り入れることもできる。

アルバイトできない学生の登録も急増

学生などがオンライン家庭教師に登録し、保護者がそこから家庭教師を選べるオンライン家庭教師サイトも、すでに多くの塾などの教育関係企業が開設しており、選り取り見取りだ。飲食店や塾などのアルバイトができなくなった学生が多いことから、オンライン家庭教師に登録する学生も急増している。教育業界のこんな静かな地殻変動も、「アフターコロナ」の世界を示唆しているのかもしれない。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

プレスリリースがつまらないといわれたことがありませんか? きょうは、読まれるための魅力が薄れてきてい…

バイデン次期米大統領は昨年11月、ジェン・サキ氏(41歳)をホワイトハウスの報道官に指名した。サキ氏…

「#Me Too運動」が高まりを見せているいま、企業としての準備は? 2018年4月、財務事務次官が…

日本企業におけるプレゼンは、なぜつまらないのだと思いますか? 自分の企画(商品)の詳細説明ばかりで、…

 忘年会やクリスマスパーティーのシーズンが近づいています。人々はパーティーであなたがどんなスピーチを…

現代では、技術革新と文化の変遷のスピードアップ、そしてマスメディアの衰退により、世代間ギャップがかつ…

机の上を見ると、人間のタイプが結構わかる。まあちょっと聞いてください。 「山積み」タイプは情報量が多…

働く人々を憂うつにさせ、健康を壊す最大の原因は、おそらくモンスタークライアントやモンスター上司の存在…

近年、米国の消費者は企業に対し、社会的責任(CSR)を重視することに加え、社会的・政治的な問題につい…

2018年9月17日、異色の天才経営者イーロン・マスク氏の宇宙旅行会社「スペースX」が売り出した月旅…

  *        *        * 企業がソーシャルメデイァ上で炎上し、窮地に追い込まれる事…

これからの企業は、広報・ブランド戦略のため、自社に関連した情報を対外向けに発信しイメージアップさせる…