バイデン氏が報道官に指名したジェン・サキ氏とはどんな人物か

バイデン次期米大統領は昨年11月、ジェン・サキ氏(41歳)をホワイトハウスの報道官に指名した。サキ氏は、オバマ政権下で国務省の報道官やホワイトハウスの広報部長を務めた。CNNにも政治記事を寄稿している。

41歳で政治広報畑の頂点を極める

サキ氏はバージニア州のウイリアム・アンド・メアリー大学の卒業。ジョン・ケリー氏が2004年の大統領選に出馬した際の副報道官や、ジョセフ・クロウリー下院議員の広報責任者、民主党下院選挙運動委員会の地域報道官、オバマ政権のホワイトハウス副報道官、広報副部長、PR会社グローバルストラテジーグループワシントン事務所の上級副社長兼マネージングディレクター、そして再びオバマ政権に戻り2012年再選のための報道官、国務省の報道官を歴任した。

2児の母親

民主党下院選挙運動委員会の副財務責任者、グレゴリー・メシャー氏と結婚しており、2児の母親。

バイデン氏は「私はジェンを完全に信頼している。彼女が広報部長としてホワイトハウスに戻ることを承諾してくれたことに興奮している」と声明の中で歓迎した。

(何事もなくバイデン政権が今月発足すれば)サキ氏による記者会見は毎日実施され、バイデン氏の肝煎りで、サキ氏が率いる広報チームは全員が女性で構成される。サキ氏を含め、チームの女性の多くが幼い子供たちの母親でもあるという。

「私は過激な報道官にはならない」

米国社会の分断が進む中で、サキ氏は2020年12月31日のインタビューで「ホワイトハウス報道官の仕事の一部は、米国民との信頼を再構築すること。あまり過激な報道官にはならない。これまでのようにホワイトハウスからの匿名のリークは行われないようにする。私の目標は真実と透明性を保ち、メディアや記者だけでなく、米国民のためにベールをはがすのを助けること」と述べている。これについて、ホワイトハウスとメディアの間の緊張関係が緩和されると期待する声が出ているが、逆に透明性が薄れるのではないかと懸念する声もある。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

政治家の失言や問題発言が後を絶ちません。失言しなければすべてよいというわけでもないですが、政治家は言…

学校でいじめ自殺が発生し、これを学校側や教育委員会が謝罪する事件が後を絶たない。中学校だけでも、全国…

2018年5月6日。日本大学と関西学院大学とのアメリカンフットボールの試合で、悪質なタックルが問題に…

プレゼンテーションを行うとき、もっとも大事なことは自信を持って話すことです。そうは言っても、不安だか…

プロジェクトの承認を得るため、あるいは契約を取りつけるため、プレゼンを成功させなければならないという…

PR修士号に匹敵する米国ドラマもある 今日は広報・PR・危機管理の担当者が見ると役に立つ米国の映画・…

働く人々を憂うつにさせ、健康を壊す最大の原因は、おそらくモンスタークライアントやモンスター上司の存在…

手軽に低コストに消費者に浸透することができるSNSを使ったマーケティングは、中小企業やスタートアップ…

「広報・PRを念頭に置いた戦略的CSR活動」をテーマに、代表の高橋眞人が2019年3月29日(金)午…

4人のうちの3人が上がり症 成人の75%が人前で話すときの上がり症だという調査結果があります。メディ…

社員がブランドの広告塔になる ブランド・アンバサダーとは、個人として企業やブランドの広告塔となり、人…

クチコミによる推奨が顧客を増やすことにつながります。クチコミを活用して、自社や自社の商品を目立たせ、…