パワーポイントがプレゼンを殺す

日本企業におけるプレゼンは、なぜつまらないのだと思いますか? 自分の企画(商品)の詳細説明ばかりで、聞き手が聞きたいメッセージがないから。いちばん重要な聞き手の立場に立ったメッセージ構築がなく、準備のすべてがパワポ作成になっているからです。パワポありきが「がん」なのです。

 

実際、マイクロソフトのパワーポイントが現れて以降、人々のプレゼンが下手になりました。箇条書きをそのまま読む人が増えたからです。プレゼンを下手にする最大のがんは、パワポ。ビル・ゲイツもそのことは十分知っていました。なぜなら、ゲイツ自身も若かったころ、パワポの箇条書きを棒読みしていたため、プレゼンが下手だと評されていたからです。米国ではこれを「パワーポイントによる死」と呼んでいます。

箇条書きの読み上げはもっともダメなプレゼン

たとえば、商品の特長を箇条書きで読み上げている人。これがもっともダメなセールスプレゼンのパターン。大事なのは「ストーリー」です。とくに、お客様にどんな幸せな未来が待っているかを語ることです。

パワポの枚数はなぜ多くなる?

日本のパワポの枚数がどんどん多くなるのはなぜでしょう?本来、パワーポイントはプレゼンの補足ツールに過ぎないのにもかかわらず。それは偉い人も、「抜け」がない完璧な資料を要求するからです。しかしそれは断じてプレゼンツールの役割ではありません!

 

米国の大企業では「パワポ禁止」とか「10枚まで」とかそういう動きが起きています。あなたが偉くなったら、無駄に枚数の多いプレゼン資料を排するようにぜひお願いします。

デザインより大事なものは?

今度は質問です。企業ウェブサイトは、①美しいデザイン、②見込客に刺さるキャッチコピーのどちらが大事ですか? 企業サイトの95%においては、②が重要です。しかし、多くの企業幹部はなぜか①を重視しています。タレントのHPやアパレル企業ならいざ知らず、クールなデザインで顧客がやって来るでしょうか?

 

日本人がメッセージ戦略そっちのけでパワポ作成に夢中になるのはなぜなのでしょう?ウェブ制作でデザインばかりに凝るのはなぜでしょう?

 

おそらく無口でも作品の出来ばえさえ良ければという職人文化の影響でしょう。「言葉より実質(モノ)が大事」という考え方。それはそれで美しいのですが、欧米人はギリシャ時代以来、コミュニケーション(説得術)を重視してきています。中国人もそちら系です。それで日本は世界と戦っていけるでしょうか。私は心配です。日本人は本当に「コミュニケーション」の意味が分かっているのでしょうか?

 

欧米における言語コミュニケーションの技術化はギリシャ時代に始まりました。アリストテレス(前4世紀)は「説得の3要素」としてスピーカーの「ロゴス(論理)」「パトス(感情)」「エトス(価値観)」を挙げました。コミュニケーション学の古典です。こうした考え方は「レトリック(修辞学、説得術)」と呼ばれます。

コミュニケーションとは説得である

欧米世界におけるコミュニケーション(情報の伝達)は、「説得」の技術から始まったわけです。ロナルド・レーガン大統領の名スピーチライター、ペギー・ヌーナンは、「すべてのスピーチには目的がある」と述べています。

 

このようなコミュニケーションの考え方を、日本人は実はよく理解していないと思います。なぜなら、多くの人は「コミュニケーション」=「共感(sympathy)」=「心が通じ合える」と勘違いしている人が多いからです。「気持ちが通じ合う」。これはコミュニケーションの一部分ではあるかもしれませんが、本質ではありません。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

社員がブランドの広告塔になる ブランド・アンバサダーとは、個人として企業やブランドの広告塔となり、人…

新しくパワフルなコンテンツの制作・配信は、これからのビジネスの成功に不可欠です。こうした考え方を「コ…

ビル・ゲイツ氏は2020年2月28日、医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に掲…

日本の英語教育はなぜ話せるようにならないのか 昨今、英語学習に関する議論が高まっている。なぜ日本人は…

手軽に低コストに消費者に浸透することができるSNSを使ったマーケティングは、中小企業やスタートアップ…

※グラフは、既存メディアを信頼するアメリカ人の割合の推移(アクシオスとエデルマン)。 既存メディア半…

2017年10月に行われた衆院選は、小池百合子劇場でした。都知事の職にありながら、国政の政党である希…

政治家の失言や問題発言が後を絶ちません。失言しなければすべてよいというわけでもないですが、政治家は言…

プレゼンテーションを行うとき、もっとも大事なことは自信を持って話すことです。そうは言っても、不安だか…

米フォーブス誌が2021年2月5日、少し面白い記事を掲載したので、ご紹介します。「アメリカでもっとも…

※本記事は、2014年11月5日に高橋が掲載したブログ記事を再掲載したものです。 米国赤十字がスーパ…

CSR活動を広報するメリット 企業の社会的責任(CSR)活動への取り組みが増えるにつれて、自社のCS…