世界的プレゼンコーチ、ニューマン氏との共催セミナーを実施

高橋眞人

波多野里奈

浦山明俊

東京五輪招致プレゼンチームを指導して勝利に導いた世界的プレゼンコーチ、マーティン・ニューマン氏との共催セミナーを2018年10月13日(土)に都内で実施しました。関心を持たれている方が多く、お陰様で満員盛況でした。講演者はニューマン氏のほか、高橋眞人(できる男・女に見えるプレゼンテーションの5つのコツ)、波多野里奈(好感度が急上昇する話し方)、浦山明俊(信頼を勝ち得る服装)でした。「大変ためになり、また楽しかったです。また機会があれば参加したい」(40代女性)などの声も頂いています。続編を年末に開くため現在検討中です。ご関心をお持ちの方は、問い合わせフォームよりご連絡ください。(高橋眞人)

おすすめ記事一覧

日米の謝罪をめぐる文化ギャップ 企業による謝罪の件数はここ数十年の間に激増している。これは日本だけに…

パブリック・リレーションの観点から見た謝罪の役割の違い  これまで日米の謝罪文化の違いの背景には、文…

日本の小中学校の英語の授業では、だれかが良い発音で英語をしゃべると、クラスメートたちからからかわれる…

いったいどこから手をつければいいのか 国連の持続可能な開発目標(SDGs)が2015年に始まって以来…

早稲田大学卒のマスコミ人や言論人が非常に多いことはかねてより有名ではありますが、広報、パブリックリレ…

広報担当からオンラインニュースルーム運営へ オンラインニュースルームとは、企業のウェブサイトや特設サ…

いま米国で、「ディープフェイク」という技術が大議論を呼んでいる。これは「ディープラーニング」と「フェ…

新型コロナウイルス対策のため、学校は休校になり、塾や家庭教師もほとんどが休みとなっている。これは世界…

全米ベストセラー作家で、片付けのエキスパートである近藤麻理恵さんが、米CBSの人気番組「レイト・ショ…

メディアにとって、痛い広報担当者のタイプがいくつかあります。きょうはそれをご紹介します。あなたは、ど…

※本記事は、2014年10月29日に高橋が掲載したブログ記事を再掲載したものです。   米…

日本の英語教育はなぜ話せるようにならないのか 昨今、英語学習に関する議論が高まっている。なぜ日本人は…